日刊大衆TOP 女性向け

「冷え冷えのオフィス」で、冷房からカラダを守る方法

[ブリュレ]

「冷え冷えのオフィス」で、冷房からカラダを守る方法

 外は30度を超す真夏日でも、作業効率を上げるためなのか、オフィスはキンキンに冷やされていることも多いです。そのうえ、一日中パソコンに向かって座りっぱなしでは、体の芯から冷えきってしまうのも仕方のないことでしょう。

 一般的に夏は、人間が体熱を外に逃がす季節といわれています。汗をかくことにより気化熱で体温を下げ、自律神経を整えているのですね。ところが、エアコンが効いた室内にいると、体は夏仕様で放熱しているのに、冷房の冷たい風で体が冷えきってしまうのです。さらには暑い屋外と寒い室内との温度差で自律神経のバランスが崩れ、体がだるくなったり、肩こり、めまい、食欲不振などのいわゆる「冷房病」になってしまうのです。ここでは自分の思うように冷房の温度設定ができないオフィスで、いますぐできる冷房対策を紹介します。

 まずは、効率よく体を温めることが大切です。まずは太い血管が走っている「首」「お腹」「足首」を冷房の風から守りましょう。スカーフや膝掛けに、腹巻き、それと靴下はマストアイテムです。冷気は足下に下りてくるので、靴下は重ねばきがオススメです。そのとき、一枚目の靴下は化学繊維よりも熱がこもらないシルクや綿など天然素材のものがいいでしょう。

 また、冷たい飲み物はNG。温かい飲み物でお腹の中から温めるのが得策です。とはいえ、コーヒー、緑茶などは身体を冷やす作用があるので控えめに。温め効果でいえば、ほうじ茶、紅茶、黒豆茶などが最適です。

 そして休憩時間にはぜひ運動をしましょう。冷房による冷えは、血行の滞りも影響しています。座りっぱなしで冷えた足先を動かし、血液の循環を促しましょう。うってつけなのは散歩ですが、外出できないほど忙しい場合は、トイレや給湯室などで足首を回したり、アキレス腱を伸ばすなど軽くストレッチしてもいいですね。帰りは一駅手前で下車して歩くというのも効果的です。そして家に帰ったら、シャワーではなく、湯船でゆっくり入浴することも忘れずに!

 夏の冷えは秋の体調不良につながることもあります。しっかり冷房対策をして元気に夏を乗りきりたいですね!

「冷え冷えのオフィス」で、冷房からカラダを守る方法

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.