日刊大衆TOP 社会

マヤの予言2012年人類滅亡説「12·21名古屋へ逃げろ」は本当か!? vol.1

[週刊大衆12月24日号]

Xデーは2012年12月21日。地球が滅びるというのだ。何をバカなと思う方もいるだろうが、この"地球の終わりの日"は全世界を揺るがしている。

フランス南部にある、人口わずか200人の小さな山村ビュガラッシュ。予言者・ノストラダムスも訪れたこの地に現在、世界各地から"終末論者"が大挙押し寄せてきているという。
「その数、実に3000人。ここは、"世界の終わりを逃れる聖地"といわれており、ホテルは満室。平地はテントやキャンピングカーで埋め尽くされています」(在仏の全国紙記者)

地球の終わりを予言するのは、"マヤ文明"の暦だ。
「マヤ文明とは、中央アメリカのメキシコを中心に、3~9世紀に最盛期を迎えた古代文明。太陽暦や太陰暦、金星暦を組み合わせた複雑な"暦法"が古くから発達し、神話を用いた知性的な文化を発展させてきました」(歴史ライター)

マヤ文明では、地球が太陽を1周するのは、365・2420日と考えられてきた。これは、グレゴリオ暦の365・0425日よりも、実際の1年に近い数字。そんな完璧な暦が、2012年12月21日を最後にプッツリ終わっている。

正確無比のクオリティーを誇る文明が、世界の幕引きを告げているのだ――。

この終末説に関し、ある機密情報が本誌にもたらされた。世界中に600万人の会員を持つ某巨大組織。そこに所属する事情通、ハワイ在住の日系アメリカ人・X氏が絶対匿名を条件に重い口を開いてくれた。
「12月21日ハ名古屋ニ逃ゲロ、トイウノガ我々ノ共通認識ダ。私モコレカラ名古屋ニ移住スル。コノ世界デ、名古屋ダケガ安全ダ」

これまで古代文明、都市伝説を数多く取材し、最新号では「マヤ予言最終結論」の大特集を組んだスーパー・ミステリー・マガジン『ムー』の三上丈晴編集長に聞くと、「そんな話、まったく聞いたことがありません!」と、何かを隠すように語気を荒げて強く否定した。

核戦争、天変地異、感染症……何が起こるかはマヤの予言でも定かになっていない。X氏は「名古屋ヘ逃ゲレバ何ガ起コッテモ大丈夫ダ」というが、本当か?

まず、緊張感が増す北朝鮮との関係。国際原子力機関(IAEA)の査察を拒否した、この核保有国のドン・金正恩がミサイルを発射。核戦争へ突入……となっても、名古屋なら問題ない。

キーパーソンは、プリンセス天功こと2代目・引田天功。名古屋にある彼女のマネジメント事務所が"聖域"になっているという。
「金正日に寵愛されていた天功ですが、総書記の座を継いだ正恩も天功にベタ惚れ。いまも頻繁に会っており、"あなたへの忠誠心を示したい"と正恩が語るなど、熱心に口説いているとか」(朝鮮総連関係者)

天功自身も、「私がいるから、心配ない」と周囲に漏らしているそうだ。

また、不名誉なことに、日本3大ブス都市の一つといわれてきた名古屋だが、「キャバ嬢は日本一カワイイし、街の女性の5人に1人は風俗嬢と"玄人"が集まっている。若いヤクザが優秀なスカウトマンと化し、カワイイ子を見つけると、すかさず声を掛ける。こんな"美女の街"を、喜び組を抱える北朝鮮の高官が知らないはずがない」(消息筋)

名古屋が狙われる理由など、一つもないのだ。

12月20日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.