日刊大衆TOP 社会

ビートたけし「大物政治家メッタ斬り」痛快語録 vol.2

石原氏に代表の座を譲り渡すことになった、維新の会の立役者・橋下徹日本維新の会代表代行へも容赦ない。

まず、橋下氏が石原氏のみならず、民主党や自民党の"寝返り組"を身内に取り込んでいることついて、疑問をブチ撒けている。
「結局それは明治維新の志士たちが、旧幕府側の人間を積極的に引き込もうってのと同じでね。新撰組の近藤勇や土方歳三が、新政府軍に寝返っちゃそりゃおかしいだろうってさ」

そして、北新地の高級クラブのホステスにスチュワーデスの恰好をさせた橋下氏の"コスプレ不倫報道"については、その性豪っぷりを、こう評価する。
「ニッポンが誇るエロ産業振興のためにも、ぜひ『絶倫ピック』を開催していただきたい。金メダル候補は大阪市長の橋下サンだな。(中略)"コスプレさえしていただければ、何回だってガンバリます"ってさ」

"石原・橋下連合軍"の進出で影が薄くなってしまった自民党に対しては、どうか?

野田総理が国会の党首討論で不意打ち解散をブチ上げたとき、明らかに動揺していた自民党・安倍晋三総裁については、「解散しろっていったのはアンタじゃないか!」とツッコミを入れて、こう一刀両断にする。
「これじゃまるで、気の弱い下っ端ヤクザの借金取りのハッタリみたいなもんだよ。"お前コノヤロー、カネ返さないと嫁さんフーゾクに沈めるぞ!"なんて詰め寄ってたのに、"どうぞどうぞ"なんていわれたら"おいおい待てよ""考え直せ"と突然動揺しちまうというね」

嗚呼、無情……。この人が今回、第一党にカムバックすると予測される政党の党首なのだ。
しかし、ライバルの民主党も、たけしにいわせると、「とんでもない詐欺師集団」だ。というのも、3年前に圧勝した総選挙時のマニフェストを何ひとつ実行していないからだ。

そして、この事実に対しては、「民主党議員全員を詐欺罪で訴えたらいい」と痛烈な皮肉を加えた。

ちなみに、そのボス・野田総理には、「このドジョウは泥臭いだけじゃなく、ぬるりぬるりとつかみどころがなく、官僚のいうことを聞く以外、最後まで何を考えているのかまったくわからなかったわけでね」とバッサリ。

なかなか国民の声を聞かず、ぶら下がり会見でもそそくさと立ち去る姿には、やはり、どじょうに例えてこういう。
「泥の中に入って、なかなか国民の前に顔を出さない。これが豆腐の中だったらいい柳川になるんだけどねェ」

目にするだけで溜飲が下がるが、その毒舌の対象は政界のドンにも及ぶ。
嘉田由紀子・日本未来の党代表の陰に隠れているものの、"第三極糾合の仕掛人"である小沢一郎氏、その人だ。

12月19日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.