日刊大衆TOP 芸能

ダレノガレ明美「私のこと嫌い?」若槻千夏とおバカバトル勃発!?

ダレノガレ明美「私のこと嫌い?」若槻千夏とおバカバトル勃発!?

 8月2日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、モデルのダレノガレ明美(26)が出演。タレントの若槻千夏(32)が過去にした発言について、お笑いタレントのいとうあさこ(46)らの前で問いただす場面が見られた。

 この日、ダレノガレらが出演したのは、「いとうあさこ主催 家呑みあさこ」という、出演者たちが自信の手料理を振る舞うコーナー。若槻がたこ焼きを作っている途中、ダレノガレが唐突に「私、若槻さんに嫌われているんじゃないかと思って」と質問をした。突然の質問に若槻が理由を聞くと、ダレノガレはかつて若槻がテレビ番組でダレノガレのことを「バカになりきれていないおバカタレント」と発言していたのを聞いており、それ以来、「私のこと、ちょっと嫌いなのかなって」と、思い悩んでいたのだという。

 若槻の発言は、2月に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で出たもので、このときは活躍しているおバカタレントたちを独自の視点で分析し、ダレノガレのことを「バカの扉を開けるか開けないか迷っているおバカ」としていた。

 若槻はダレノガレの質問に対し「嫌いだったらテレビで言わない」と否定。この言葉を聞いてホッとした様子のダレノガレは「逆に、誰が嫌いですか? ピー(音)入れるんで」と質問をしたのだが、若槻は「ピーはダレちゃんのジャッジじゃないでしょ」とピシャリ。質問に答えることはなかった。

「おバカタレントは数多くいますが、若槻はいわばその元祖的存在。ダレノガレもそんな若槻に嫌われるのは、仕事の都合上、避けたかったんでしょうね。ただ、ダレノガレも恋人の存在を公表してからは、おバカ発言も減り、料理上手をアピールするなど路線変更の気配が感じられます。おバカタレントからのステップアップを狙っているのかもしれませんね」(芸能誌記者)――そろそろおバカは卒業!?

ダレノガレ明美「私のこと嫌い?」若槻千夏とおバカバトル勃発!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.