日刊大衆TOP 社会

小泉進次郎が描く「2020政界再編」大改革

[週刊大衆2016年08月22・29日合併号]

小泉進次郎が描く「2020政界再編」大改革

「これは、どういうことだ……」と永田町の関係者は皆、一様に息を呑んだ。

 8月3日、衝撃事態が発生した。参院選を無事に終えた安倍政権は、ついに内閣改造を発表。総理がお気に入りの“ともちん”こと稲田朋美氏は防衛大臣に、元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏が五輪担当大臣に大抜擢される一方、党内を真っ二つに割りうる、危険に過ぎる人事が“2つ”あったのだ。1つ目が、これだ。「“ポスト安倍”の最右翼と見られていた石破茂前地方創生担当相が、入閣要請を固辞して閣外に飛び出たのです。安倍首相は、今回も石破氏を重要ポストに就けて取り込みたかった。しかし、石破氏は取り込みを拒否。以前から掲げてきた“脱派閥”の主張を曲げてまで石破派を立ち上げるほど本気で、再び首相の座を狙う道を選んだわけです」(全国紙政治部記者) 急な動きにも見えるが、これには伏線があった。

 7月31日投開票の東京都知事選挙では、自民党都連が増田寛也氏の支持を打ち出し、締めつけを強化する中、石破派の若狭勝衆院議員が、「党に除名されてもいい」と公言し、反発。結果的に女性初の都知事となった小池百合子氏の応援に回ったのだった。

 ベテランの政治記者が言う。「石破氏と小池氏は、2012年に石破氏が総裁選に出馬した際、小池氏が派閥の拘束を破って、応援しているのです。今回の都知事選では、小池氏が石破氏に出馬の相談をしたというほどの深い仲。当然、なんらかの協力が考えられます。つまり、いうなれば、今回の石破氏の行動は、安倍官邸にひと泡吹かせた“百合子の乱”に呼応したものなのです」 なんと“安倍一強”に風穴をあける下克上の布石!?

 それだけではない。先日の都知事選で、小池氏を陰から支えたといわれるのが、“変人”小泉純一郎元首相だ。実際に、「度胸あるなと思いましたね。女は愛嬌、男は度胸だったが、よく出る意思を固めましたね、小池さん」(7月5日の記者会見)と言い、出馬にエールを送っている。

「小池氏は、都知事選出馬を考えていたとき、小泉元首相に相談。小泉氏は“やってみればいいのでは”と応じ、応援演説にも駆けつけるという話が永田町で流れていました。2人の関係は深い。小池氏が環境大臣に抜擢されたのも、小泉政権時のことです」(前出の政治部記者) 議員を引退した後も、政界に一石を投じ続ける小泉元首相が、小池=石破ラインと密接な関係にある。キナ臭く、臭うのだ。

次ページ >> 小泉進次郎が描く「2020政界再編」大改革

小泉進次郎が描く「2020政界再編」大改革

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.