日刊大衆TOP 芸能

『笑点』の極秘タブー? 笑えない「権力争い」が勃発中

[週刊大衆2016年08月22・29日合併号]

『笑点』の極秘タブー? 笑えない「権力争い」が勃発中

 日曜の夕方、ついついチャンネルを合わせてしまうという人々が、日本全国で2000万人。お化け番組の知られざる暗部に迫った!!

 5代目司会者・桂歌丸の勇退、大方の予想を裏切る春風亭昇太の6代目司会者就任。新メンバーにノーマークだった林家三平の抜擢、林家たい平の「24時間マラソン」挑戦、さらに三遊亭円楽の不倫騒動と、話題続きの『笑点』(日本テレビ系)。

「特にこれといった話題性もなかった7月31日の放送でも、視聴率は20.4%と20%の大台を記録。番組の顔であった歌丸の番組引退という大ピンチを、サプライズ人事で話題を作り、“アクシデント”をも利用して、改めて広く視聴者を獲得することに成功しています」(テレビ誌記者)

 まさに、今の日本は、“笑点フィーバー”。天下統一し栄華を誇った豊臣の世のごときだが、古今東西、歴史は繰り返すもの。次の天下を取らんとする獅子身中の虫が蠢くのが常だ。大喜利を見ているだけでは絶対に分からない国民的人気番組の裏側にあるものとは。

 まずは、最大のサプライズとなった昇太の6代目司会者就任にまつわるキナ臭い話から。キャリアと実績から円楽が大本命と思われていたが、なぜ昇太に決まったのか。ある演芸関係者が、その舞台裏を明かす。「円楽は66歳のわりには若々しく見えますが、実は3年ほど前に内臓系の病気をしていて健康面に不安があった。だから番組幹部の間では、初めから候補に入っていなかったといいます。円楽を除けば大喜利メンバーで司会ができそうなのは、『笑点Jr.』(CS日テレプラス)での司会経験がある昇太しかいなかった」

 だが一部では、やる気満々だった円楽が、この人事に大激怒し、なんと“番組ボイコットクーデター”を画策していたとも報じられているのだ。落語関係者はこう話す。「確かに一時期、円楽さんのはらわたが煮えくり返っているという話は聞こえてきましたね。でも、クーデターなんて絶対にありえない。それに、司会者になってもギャラが大幅に増えるわけではなく、責任ばかりが増すだけですから、正直、得は少ない。合理的な円楽さんは、もう納得しているでしょう」

 笑点の出演者のギャラは、「1回約50万円。前司会者の歌丸は70万円といわれていましたが、メンバー内では若手にあたる昇太を最高額にするわけにはいかないから、据え置きでしょうね。ちなみに座布団運びの山田隆夫でも30万円はあるでしょう」(前出の演芸関係者)という。

 もちろん、そのギャラは高額であることは間違いないが、それ以上に大きいのが営業だという。「視聴率20%超えの笑点メンバーは全国区の知名度を誇ります。だから、地方営業はウハウハ。最近の流行りは、笑点メンバーを2人セットにして行うもので、1000人クラスのホールが即完売するといいます。そのギャラは1回で1人120~150万円。だから、番組に出られてさえいれば安泰なんですよ」(前同)

 ある若手落語家は、こう明かす。「とにかく、笑点出演者たちは全員が桁違いの大金持ち。昇太さんは、世田谷の大豪邸の他に高級マンションを所有。中野区の高級住宅街に要塞のような豪邸を建てたたい平さんは、仕事先に愛車のスポーツカータイプのポルシェで乗りつけることでも有名です」

 不倫に使った錦糸町のホテルこそ、3時間4500円と激安だった円楽もハワイに別荘を持っており、歌丸は年収1億円と先日、女性誌で報じられたばかり。「落語界で、億万長者の笑点メンバーに対する嫉妬は間違いなくある」と話す前出の落語評論家は、こう続けるのだ。

「だから、円楽さんの“クーデター説”は、笑点メンバーになりたい、他の噺家から流されたデマなのかもしれませんね……」 平安の世を崩さんとする勢力は、すぐ近くにいるということか。

次ページ >> 『笑点』の極秘タブー? 笑えない「権力争い」が勃発中

『笑点』の極秘タブー? 笑えない「権力争い」が勃発中

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.