日刊大衆TOP 芸能

観月ありさ、中澤裕子など、実業家と結婚した美女たち

観月ありさ、中澤裕子など、実業家と結婚した美女たち

 7月上旬、女優の柴咲コウ(35)が5歳年上の実業家と交際していることが、一部スポーツ紙で報じられました。お相手の男性は和牛販売サイトを運営する会社の社長だそうです。所属事務所は「プライベートは本人に任せています」とコメントし、交際について否定も肯定もしませんでした。このまま交際が深まれば一気に社長夫人という可能性もあります。実際、芸能界には実業家と結婚した女性タレントがたくさん存在しています。

 9月4日にスタートするドラマ『隠れ菊』(NHK-BSプレミアム)で主演を務め、「25年連続で連ドラ主演」という偉業を達成した女優の観月ありさ(39)が2015年に結婚した相手は、岐阜県に本社を置く建設関連会社の社長で、年商は約150億円もあるとか。食事デートを重ねるうちに親密になり、結婚を考えるようになったそうです。

 女優の釈由美子(38)も15年に実業家と結婚。お相手は、東京や横浜、鎌倉と幅広くレストランを経営する男性で、交際期間は半年のスピード婚でした。釈の父親が亡くなったときに、落ち込んでいたところを励まし続けてくれたのが結婚のきっかけのようです。一般の方なので情報は少ないですが、まじめで優しく、誠実な人で、見た目は沢村一樹似の長身イケメンだそうです。

 元「モーニング娘。」初代リーダーでタレントの中澤裕子(43)は、12年に結婚しました。初めてご主人に会ったとき、「私はこの人と一緒になるんだな」と感じたそうです。中澤の夫は、ケーブルテレビ関連のコンピューターソフト制作を手がけるIT関連企業社長で、福岡を中心に仕事をしています。中澤も同じく福岡を中心に芸能活動を行い、現在は2人の子どもにも恵まれ、幸せな家庭を築いています。

 実業家と結婚し、セレブ妻となった女性芸能人たち。優雅なイメージもありますが、結婚しても芸能活動を続けながら、多忙な夫を支えるのは大変なはずです。それでもその苦労を分かち合うことが円満な家庭生活の秘訣なのかもしれませんね。

観月ありさ、中澤裕子など、実業家と結婚した美女たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.