日刊大衆TOP 芸能

鈴木奈々、ダレノガレ明美が“スベる”と「めっちゃ嬉しい!」本音を吐露

鈴木奈々、ダレノガレ明美が“スベる”と「めっちゃ嬉しい!」本音を吐露

 8月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBSテレビ系)に、モデルでタレントの鈴木奈々(28)が出演。バラエティ番組で共演することも多い、おのののか(24)やダレノガレ明美(26)などの女性タレントに対する本音をぶちまけた。

 番組中盤、ダレノガレの現在の恋人を、おのも好きだったという「三角関係」報道が話題に。爆笑問題の田中裕二(51)から「同じポジション」として、おのやダレノガレのような女性タレントと一緒に、バラエティ番組に出演することについて意見を求められると、鈴木は「女性のタレントさん、ダレノガレちゃんとか、おのののかちゃんと一緒にひな壇に座ることが多くて、やっぱり負けたくない」と、素直な気持ちを述べた。

 さらに鈴木は「やっぱり心の中では、“スベれ! スベれ!”って思ってますよ!」と暴露。これにはスタジオも笑いに包まれていた。さらに「スベったとき、めっちゃ嬉しいですね!」と続けたが、「やっぱり心の中で“スベれ!”と思うけど、やっぱり口に出ちゃうんですよね」と“おバカ”エピソードを披露すると、太田光(51)は「口に出ちゃうの!?」と仰天。「出ちゃうんですよ。“スベれー!”って」と強調する鈴木だったが、それを聞いていたテリー伊藤(66)から「奈々なんか、いつもスベってるじゃない」と、指摘をされると「うるさい、ムカつくー!」と、思わぬ角度からの反撃に、いきり立っていた。

「“おバカタレント”の代表格として活躍してきた鈴木奈々ですが、2014年に結婚して“おバカ”のイメージはトーンダウンしました。しかし、まだ妊娠はしていないため、いわゆる“ママタレ”にはシフトできていません。現在、女性芸能人にとって必須のインスタグラムも苦手なようで、投稿数は30件未満。りゅうちぇる(20)など、新手の“おバカタレント”も台頭してきているため、自分の立ち位置に不安を感じているのでしょうね」(芸能誌記者)――芸能人は苦労が絶えない!?

鈴木奈々、ダレノガレ明美が“スベる”と「めっちゃ嬉しい!」本音を吐露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.