日刊大衆TOP 女性向け

SMAP中居正広と木村拓哉「仲良し同級生だった頃」の“ダブルデート”

[ブリュレ]

SMAP中居正広と木村拓哉「仲良し同級生だった頃」の“ダブルデート”

 今年が歌手デビュー25周年メモリアル、結成は28周年となるSMAP。ジャニーズ事務所に入所したのは、5人そろって1987年のため、今年はメンバーにとって、入所30周年イヤーでもあった。そんな記念すべき年に、まさかの解散という最悪の事態になろうとは、いったい誰が予想しただろう。

 木村拓哉と他の4人が対立したのが解散の一因といわれているが、真相はまだはっきりしない。ファンにとって最も悲しいのは、木村と中居正広の仲たがいが話題に上っていることだ。二人はSMAPの前身、スケートボーイズの頃から一緒に歩んできたが、実は高校の同級生でもあった。

 高二のとき、木村は千葉県、中居は神奈川県の高校から、東京の都立高校に編入した。その合格発表の掲示板も、二人はそれぞれの母親とともに四人で見にいっているというから、仲のよさがうかがわれる。

 編入後はSMAPとなったため、学校にまで追いかけてくるファンが大勢いたようだ。特に文化祭では、ファンが二人の教室に押し寄せてしまい、先輩たちが立腹。二人は2階の窓から逃亡して、エスケープしたという。

 当時、中居には交際している女性がおり、その女性の友達が木村のことを好きになったという。そこで中居のカップルと彼女の友達、木村の四人でWデートをした。四人で電車に乗って、東京ディズニーランドに行き、初々しいグループデートを楽しんだという。

 グループを牽引してきた最年長コンビ、本当にその友情は失われてしまったのか。

SMAP中居正広と木村拓哉「仲良し同級生だった頃」の“ダブルデート”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.