日刊大衆TOP 女性向け

黒幕からメンバーの将来まで…SMAP「電撃解散」全真相

[週刊大衆2016年09月12日号]

黒幕からメンバーの将来まで…SMAP「電撃解散」全真相

 最悪の事態だけは回避されたかに見えたが、急転直下での解散報道――。“運命の糸”はどこでもつれ始めたのか――。

「一度は収まったと思われたグループ解散騒動でしたが、メンバー間の溝は世間が思うよりも深かったようです。結成25周年記念の年に、まさかの報告を受けることになり、テレビ界、芸能界は対応に大わらわです。激震はしばらく続きそうですね」(芸能記者)

 リオ五輪のメダルラッシュに沸く8月14日、国民的アイドルグループ・SMAPの年内いっぱいでの解散が正式に発表された。

 今年1月、SМAPの女性チーフマネージャーだったI氏がジャニーズ事務所を退社することになり、これに中居正広(44)、稲垣吾郎(42)、香取慎吾(39)、草なぎ剛(42)の4人が追随する意向であると報じられた。さらに、ジャニーズ残留を決めた木村拓哉(43)と残りのメンバーが“4対1の分裂状態”にあり、解散の危機にあることも判明した。

 しかし、5人が揃う唯一のレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の中で公開生謝罪を行い、騒動は収束。5月には、事務所のトップであるジャニー喜多川社長が「SMAPの解散は絶対ない」と明言したこともあり、メンバー間の軋轢も徐々に修復されていると思われていた。しかし、事態は最悪の方向へと向かっていたのだ……。

 1月の騒動後、SMAPはジャニー喜多川社長を交え、今後の活動について何度か話し合いの場を持ち、一旦は“活動休止”という形を取ることになっていたといわれる。事務所側は、先輩にあたる「少年隊」を例に説明したという。

「SMAPは年に約200億円を稼ぎ出す事務所の稼ぎ頭。解散となると、ファンクラブも解散するため、会費収入やグッズ収入もなくなります。事務所としてはこうした事態を避け、少年隊のように節目節目でのみ活動させていければよいと考えていたんです」(業界関係者)

 しかし、8月に入り木村を除く4人がジャニー氏の元を訪ね3度目の話し合いが持たれると、事態は一転。「香取が改めて解散を主張したんです。これに香取と仲のよい草なぎが同調し、稲垣も同意したため、活動休止で収めようと腐心していたリーダーの中居も解散案を飲まざるをえなくなったといいます。“誰が好きだ、嫌いだとか……ユーたちはプロじゃないか!”とジャニー氏が珍しく声を荒らげる場面もあったようですが、最後は、“もう勝手にしなよ!”とサジを投げ、解散が決まってしまった」(前同)

次ページ >> SMAPは大手プロ移籍が決まっていた

黒幕からメンバーの将来まで…SMAP「電撃解散」全真相

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.