日刊大衆TOP 芸能

指原莉乃「週刊誌は滅んだらいい」出版業界に宣戦布告!?

[週刊大衆2016年09月12日号]

指原莉乃「週刊誌は滅んだらいい」出版業界に宣戦布告!?

もっと画像を見る

 日本初のアニメーション専門学校『代々木アニメーション学院』が、このほど秋元康、小室哲哉、つんく♂、指原莉乃といった当代切ってのエンタの仕掛け人たちをプロデューサーに迎え、エンターテインメントが学べる『エンターテイナー夜コース』を開設した。

 そしてその開設を記念したパネルディスカッションが、4人を招いて(つんく♂は海外からLINEで参加)同校で行われた。

 この日のディスカッションのテーマは「エンタメ業界で求められる人材」「アニメとエンタメ業界の融合」「エンタメ業界の未来」といった将来の日本のエンタを見据えたテーマだけに真摯で熱いディスカッションとなったのだが、中盤になりアイドルが飽きられないためにはどうすればいいのかの質問を受けて「週刊誌は滅んだらいいんじゃないですか」と指原から週刊誌壊滅発言が飛び出し会場がどよめく場面も。

 しかし最後には秋元がその発言に、「指原はエライ、ちゃんとニュースに取りあげられると計算している。もはや一流のプロデューサーだ」と太鼓判を押すと、「HKT48に移籍できたのは週刊誌のおかげでした。さまさまです。毎週読んでいます。週刊誌大好きです。お手柔らかにイイ感じの記事にしてください」

 最後はツンデレ発言で煙に巻いた指原であった。

指原莉乃「週刊誌は滅んだらいい」出版業界に宣戦布告!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.