日刊大衆TOP 娯楽

「はぐれ」には気をつけろ【井崎脩五郎 競馬新理論】

[週刊大衆2016年09月19日号]

「“はぐれ”には気をつけろ」 猟師のあいだでは、世界中で常識となっている言葉である。はぐれ熊、はぐれ狼、はぐれ虎……。性格が悪いために仲間から追い出され、はぐれて一匹で暮らす奴は、腹をすかせていて何をするか分からないから気をつけろという意味だ。

今年、この言葉を思い出させるレースがあった。5月15日(日)の京都最終レース(15頭立て)。名前の最後が「ー」(音引き)という馬が8頭出走し、うち3頭が2、3、4番にまとまって入っていた。

2番レディー

3番ダノンマッキンレー

4番ブラッククローバー

さらには4頭が10、11、12、13番にまとまって入っていた。

10番カレンステイシー

11番ワンダフルラスター

12番ゴースルー

13番ナムラアッパーこ

これらのグループからはじき出され、はぐれ状態になっていたのが、7番アドマイヤクーガー。13番人気、単勝オッズ115・6倍というまるっきりの人気薄。

ところが、21連敗中のこの馬が、シンガリから上がり32秒6という脚を使って3着に追い込んできたのである。そのため、1番人気が勝ったのに、3連単は16万2170円という大荒れ。まさに“はぐれ”には気をつけろだった。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

「はぐれ」には気をつけろ【井崎脩五郎 競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.