日刊大衆TOP 芸能

有吉“熱愛”報道、実家の神社も大破「狩野英孝の厄払い」は逆効果?

有吉“熱愛”報道、実家の神社も大破「狩野英孝の厄払い」は逆効果?

 9月3日放送の『土曜プレミアム「有吉の夏休み2016密着100時間inハワイ」』(フジテレビ系)に、お笑いタレントの有吉弘行(42)が出演。去年の同番組内で狩野英孝(34)から厄払いを受けたことを経て、今年一年を振り返っていた。

 番組中盤、レストランにて談笑していた出演者一行だったが、話題が今年2月に起きた狩野の三角関係騒動に及ぶと、狩野は、渦中のときは4~5キロ痩せ、24時間監視されている気持ちになっていた、と当時の追い詰められた心境を語った。また、実家の神社の恋愛成就のお守りが売れなくなったことを明かしていた。

 狩野が「でもどうですか、有吉さん。去年厄払いして、無事一年間……?」とこの一年の厄払いの効果について尋ねると、有吉は「まあ、今までもずっと生きてるからね。42年めちゃめちゃ無事だったから」と答えるも、狩野は「いやいやでも、今年なにもなかったですよね、一年間?」と更に問いかけた。

 それに対し「まあ、悪いこともなかったけど、良いことも別になかった」とつれない返事をする有吉だったが、それを聞いた狩野は「あぁ、よかったよかった! あぁ、よかったぁ!」と安堵した様子を見せた。しかし他の出演者からは「むりやり喜んでる?」「(有吉の無事は)お前のかしこみ(厄払い)のせいなの?」とツッコまれていたが、「そりゃそうですよ、悪いことなかったんだから」と最後まで譲らなかった。

「この番組の放送前に、有吉は夏目三久アナ(32)との熱愛が報道されました。双方とも“事実無根”と否定しましたが、ある意味災難のようなものでしょう。狩野も2月に“加藤紗里騒動”が勃発し、東北地方に上陸した台風10号によって、実家の櫻田山神社が甚大な被害を受けてしまいました。狩野の“厄払い”は、あまり効果がなかったようですね」(芸能誌記者)――偶然にしては、できすぎかも?

有吉“熱愛”報道、実家の神社も大破「狩野英孝の厄払い」は逆効果?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.