日刊大衆TOP 社会

安倍内閣 花の大奥大乱 女性議員「壮絶生き残りバトル」実況中継 vol.4

[週刊大衆2月11日号]

名前(役職)
寵愛度/忠誠度/野心/確率
政治記者の寸評

高市早苗(衆・党政調会長)
A/A/A/99%
第一次安倍内閣で初入閣。総裁選でも推薦人を務めた。正室筆頭。

稲田朋美(衆・特命担当相)
A/A/B/85%
安倍氏の依頼で郵政選挙で刺客候補になったほどの側近中の側近。

森まさこ(参・特命担当相)
A/A/C/80%
国会での存在感と安倍氏への忠誠から、1回生ながら閣僚に大抜擢。

野田聖子(衆・党総務会長)
B/B/A/75%
人気、経験、実力は十分も、総裁選で石破氏に投票したのが痛手に。

小渕優子(衆・財務副大臣)
B/B/A/75%
少子化担当相を断わり、望んで財務副大臣に。女性総理へ虎視眈々。

丸川珠代(参・厚労政務官)
B/A/B/65%
国会のヤジ女王といわれた元女子アナも、いまは立派な厚労政務官。

片山さつき(参・総務政務官)
C/C/A/58%
総裁選では石破支持が裏目に。テレビ露出で存在感を出したいが。

佐藤ゆかり(参・経産政務官)
C/C/B/46%
片山同様、石破支持で自滅。最近はメディア露出も少なく地味に。

三原じゅん子(参・党遊説局長代理)
C/C/B/40%
総理が連携を模索する橋下市長に嚙みついたのが運の尽きになる!?

小池百合子(衆・党広報本部長)
C/D/A/30%
断髪するも高市、野田に三役を取られ閑職に。あるのは野心だけ。

*衆は衆議院、参は参議院。以下、項目は、安倍総理からの「寵愛度」、安倍総理への「忠誠度」、そして総理への「野心」、生き残れる「確率」を示す。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.