日刊大衆TOP 娯楽

ホントに、もう、よろコンブ【井崎脩五郎 競馬新理論】

[週刊大衆2016年09月26日号]

 微妙なところだなあ。そう思った。はたして、勝浦(千葉県)でコンブは獲れるのか。

 大体、コンブといえば、主産地は北海道か東北である。寒い海のものと相場が決まっている。暖流の黒潮がすぐそばを通る勝浦の海に、コンブは生育できるのか。競馬場で新理論好きばかり集まって、そんなことを話していたのは、8月28日(日)のことだった。この日、札幌5Rの新馬戦に、コンブという暗号が出ていたのだ。

 1番ペイシャギン(コ)

 2番スフィーダグリー(ン)

 3番ヴァンデグロー(ブ)

 そこで早速、騎手と調教師の名前を見たところ、名前が、海辺の町と合致するのは「勝浦」だけだったのだ。

“ふるさとお国自慢”と銘打った『日本新地図』(小学館)にあたってみたが、千葉県の水産物のページに、ハマグリ、アサリ、ヒジキ…とあるが、コンブは書いてなかった。

 しかし、ここで声あり。「最近は東京湾でコンブを養殖しているくらいだから、勝浦だってあるかもよ」

 そうなのかと、ためしに、勝浦の乗っている4番サリーバットマン(11頭立て8番人気)の単複を買ってみた。すると、これが当たって単勝なんと2860円。

 ホントに、もう、よろコンブ

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

ホントに、もう、よろコンブ【井崎脩五郎 競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.