日刊大衆TOP 芸能

熊田曜子「グラビアは大好きなので、現役のつもりです!」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年09月26日号]

熊田曜子「グラビアは大好きなので、現役のつもりです!」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 絶品バストと究極クビレで、我々を魅了した熊田曜子さん。今や二児のママとなった彼女が、なんと産後初となるイメージDVD『rebirth』をリリース。人妻フェロモン増し増しの今、あのバストは、ウエストはいっったい、どうなっているのか!? その今に肉迫する!

――あの熊田さんが、二児のママとは、まだ信じられないんですよ。

熊田:2人とも女の子で、上は3歳半、下は8か月になりました。お仕事じゃないときは、いたって普通のママですよ。上の子も下の子も、ミルクを使わないで育てていますから、どこに行っても、ちょっとグズると、ケープをかぶって、すぐに授乳していますし。

――わぉ!

熊田:お店であろうが、どこかのホールだろうが、どこでも。だから、いつも“すぐに胸が出せる服”を着ています。

――というと、キャミソールとか?

熊田:そういうのじゃなくて、普通のワンピースに見えて、脇から胸の下にかけてチャックがついていたり、隠しボタンでパカッと開くようになっているとか、そういう服があるんです。キャミソールとかは、子どもに引っ張られたりしたときに、ポロリみたいなアクシデントが怖いので、子どもが一緒のときは、まず着られないですね。

――なるほど、そりゃそうだ。でも、ケープをかぶっていても分かるでしょうから、ジロジロ見られたりしませんか? なんといっても、熊田曜子ですから。

熊田:あんまり気になりませんけど、ピーターさんのホームパーティに赤ちゃんを連れて行ったとき、ケープをかぶっていたら、いらしていたパパイヤ鈴木さんが面白がって、「おぉ~、あのケープの中では、今まさに特大のパパイヤが~」みたいに、実況中継をしていましたね(笑)。

――本当に特大ですよね。

熊田:そのときはだいたい誰でも2カップくらい大きくなるんです。

――ちなみに、現在、カップで言うと?

熊田:2人目の子を産んで5か月のときに、グラビアをやらせていただいたんですけど、そのときが、今までで一番大きかったですね。たぶん、Jとか。

――ジェ、ジェイ! スゴいですね。

熊田:今は、そこまでありませんけどね。さっき、メイク中に“搾乳”しましたし(笑)。

――メイク中に搾る!?

熊田:胸が張ってパンパンになると痛くなっちゃうので、搾って専用のパックに入れて持って帰るんです。

――それは分かるんですけど、メイク中に、どうやって?

熊田:今は、胸に取りつけると自動で搾ってくれるマシンがあるんですよ。それを両胸につけて、ボタンをピッと。そうすると、ハンズフリーでズンズン吸い上げてくれるんです。

――そんな便利なグッズがあるんですか。

熊田:だから、搾りながら、マスカラ塗っていました。ちょっと牛っぽいんですけど(笑)。

――確かに(笑)。

熊田:最近、本当に牛の気持ちが分かるんですよ(笑)。牧場に遊びに行くと、子どもたちが搾るのに行列を作っていたりするじゃないですか。そういうのを見ると、牛さんも大変だろうなって思って。並んでいる子どもたちに“乱暴にしちゃダメ、優しくするんだよ”って言いたくなりますから。

――アハハハ。

熊田:まさか、そんな気持ちになるとは思いませんでしたけど。

――そんな中、なんとイメージDVDが発売されると聞きました。

熊田:私が一番ビックリしていますよ。

――ご主人には報告したんですか?

熊田:正式オファーの前から、“なんかDVDのお仕事が来るかもよ?”みたいには話していて、そのときは、“え? 本当に?”みたいな感じだったんですけど、決定したときには、“いいんじゃない”って言ってくれましたね。

次ページ >> 型は戻ってもおヘソは…/熊田曜子

熊田曜子「グラビアは大好きなので、現役のつもりです!」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.