日刊大衆TOP 社会

珍プレーに爆笑!「ものまね草野球」プレイボール!!

[週刊大衆2016年09月26日号]

珍プレーに爆笑!「ものまね草野球」プレイボール!!

もっと画像を見る

 ペナントレースも佳境に入り、クライマックスシリーズ、日本シリーズと、これから野球一色に染まっていく日本列島。そんな中、一足早く、夏の陽射し鋭い8月某日、あるドリームチームが草野球の試合を行っているとの情報をゲット! 東京・池袋サンシャインの裏手にある球場へと足を運んでみた。

 球場を覗いてみると、いろんなプロ球団のユニフォームを着た選手がグラウンドを走り回っている。すると巨人のユニフォームを着た1人の選手が、こちらに駆け寄って来た。あっ、桑田真澄投手だ!「どうも、MPB(モノマネプロ野球)リーダーの桑田ます似です。これが、今日のスターティングメンバーです」

 渡された紙に書いてあったのは、高橋よしのBに、大道ノリ良し、小笠原ミニ大に、バレンティソって、なんじゃこりゃー! そう、彼らは全員ソックリさんの野球チームだったのだ。

「それでは、僕たちは練習あるので、ゆっくり見ていてくださーい」(ます似=以下同) いやいや! もう少しこのチームについて、教えてくださいよ!

「見てもらえば分かるんですけど、僕が中心になって、プロ野球選手に似ている人間を集めた草野球チームです。ホームページで対戦相手を募っているんですけど、すごい人気で8月は試合の日程が半分以上、埋まっていました」 本物の選手以上(?)に過密スケジュール。そんな皆さんの本職は芸人なの?

「僕は芸人として、本物の桑田さんに公認してもらっています。あとは芸人もいますけど、公務員だったり歯科技工士だったり、スーパー店員だったりと、なんでもアリですね」 聞けばチームには、30人以上の選手がいて、スケジュールに合わせて試合に出るメンバーは変わっているとのこと。

「それでは、試合が始まるみたいなので、ゆっくり楽しんでいってくださいね」 あ~行っちゃった……って、ます似さんはベンチスタートかい! マウンドに上がったのは似関本賢太郎。守備位置は全然違うけど、結構いい球を投げていた。

 ただ、存在感が強いのはキャッチャーの松田熱男(ソフトバンク・松田宣浩のソックリさん)。大声で選手を励まし、合間に飛び出る“熱男ポーズ”! 見ている人を飽きさせない。「僕らにとって勝ち負けは二の次。どれだけものまねを入れられるかが、勝負なんです」

 そして、いよいよ桑田ます似投手の登場。もちろんマウンドに肘をついて、あの伝説のポーズを披露。しかし……。「僕、野球苦手なんですよね」

 確かに勝ち負けは関係ないかも。見ても楽しい、一緒にプレイしたらより楽しいモノマネ野球チーム。ぜひオファーしてみては!?

オファーや活動の詳細はこちら
http://kuwata18.com/

珍プレーに爆笑!「ものまね草野球」プレイボール!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.