日刊大衆TOP 娯楽

パチンコが「ぜんぜん当たらない時」思い出してほしい“常識”

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第47回 「大ハマリ」の記憶

 突然ですが、みなさんはパチンコで、最高何回転の間、当たりを引くことなくハズレ続けたことがありますか? ちなみに、パチンカーたちの間では、この「ハズレ続けている間」のことを「ハマリ」と呼んでいて、誰しもが忌み嫌っています(笑)。パチンコは人生そのもの。楽もあれば苦もありますからね~。永遠にこの時間が続いてほしい夢の大連チャンもあれば、出口が見えない暗く長いトンネルをほふく前進しているかのごとき大ハマリもあるんです。だからハマリは、パチンカーなら誰しもが経験していることなんですよね。

 もちろん私も、何度か気が遠くなるくらいの大ハマリを体験しています。パチンコ歴14年以上になる私の最高ハマリは、正確な回転数は覚えていなくて恐縮ですが、『スーパー海物語IN沖縄2』で経験した、約2300回転ハマリ! 意外とMAXじゃなくてミドルの機種なんですよね。大当たり確率が約359.5分の1というスペックだったので、確率の約6.4倍ハマリになりますか。

 あれ? 「2000回転ハマリ」というと、かなりの大ハマリに感じますが、6倍だと考えるとなんだかそれほどでもないような……。だって、大当たり確率が約99分の1の機種で、600回転ハマリと考えるとザラですもんね。頻繁にありすぎて覚えてないくらいだし。

 その日は朝イチの当たりはわりと早かったんです。しかし残念ながら、それはショボ連に終わっちゃいまして。で、その後は朝の11時から19時頃まで当たりゼロ!! いや~、台も店もメーカーも、何にも信じられなくなりましたよ(笑)。終盤は魚群が走ろうとも、気持ちがピクリとも動かなくなりましたもん。1000回転ハマリくらいならわりとよくあることで、なんなら昨日も『牙狼 魔戒ノ花』で1000ハマリを喰らったばかりですが、2000ハマリともなるとなかなかないですからね~。

 ちなみに2000ハマリは、前述の『沖海2』も含めて、これまで3回経験しています。他の2回は何の機種だったかというと、『新世紀エヴァンゲリオン 奇跡の価値は』と『花の慶次~斬』ですね。どちらもパチンコ攻略誌の編集部員だった頃の体験で、しかも誌面に掲載するためのデータ採りをしていたときの大ハマリでした。

 だから、ハマリ自体も辛いし、当たってないからデータも集まらないしで、ダブルの苦しみを味わいましたよ。何度も何度もめまいがして、もう泣きそうになりました。あぁ、私にもそんな初々しい時代があったんだなぁ……。

 私の最高ハマリは2000回転そこそこですが、知り合いのパチプロの方からは、なんと3000回転以上のハマリを体験したなんて話を聞いたこともあります! そのときは丸一日当たりが引けなくて、そのまま次の日も同じ台を打ち、ようやく当てたんだとか。そこそこパチンコ歴が長い人なら2000ハマリは体験済みの人も少なくないとは思いますが、3000ハマリはなかなかいないんじゃないでしょうか。決して羨ましい体験ではありませんけど、ここまでくると、パチンカーにとっては勲章モノですよね。

 2000ハマリなんて大ハマリを喰らったとなると、きっと一日の最高負け額を記録した日もその日なんじゃないの? と、思われるかもしれません。しかし、それがどっこい、違うんですよ。

次ページ >> パチンコで大ハマリしてもツラくない理由/森本レオ子

パチンコが「ぜんぜん当たらない時」思い出してほしい“常識”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.