日刊大衆TOP 芸能

風間トオル「俳優になったきっかけは、浅野ゆう子さんなんです」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2016年09月26日号]

風間トオル「俳優になったきっかけは、浅野ゆう子さんなんです」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

 さて、風間トオルさんとの対談、後編です! 前回は風間さんの著書『ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力』に書かれていた、ビックリ仰天の貧乏エピソードを教えてもらいました。お腹が空きすぎて、野草を食べたり、石を舐めたり、バレンタインデーにもらったチョコレートを365日分に割って、毎日、糖分摂取などなど(笑)。今週は、そんな少年時代を送った風間さんがトレンディ俳優になられるまでの秘話を聞いてみましょう!

ゆま「俳優になられたキッカケは何でしたか?」

風間「最初は街でスカウトされたんです。モデルをやらないか、って。正直、興味はなかったんですけど、スカウトしていただいた女性に“撮影で海にも行けるし、食事も出るよ”と言われて。その当時からサーフィンもやっていたし、何より飯が食えるならいいかな、と(笑)」

ゆま「食べ物につられちゃったんですね(笑)」

風間「食べ物の支配力はスゴイですよ。僕は昔から、おばあちゃんに“空腹になると人間は悪いことをするから、お腹が空いたら早く寝なさい”と教えられてきました」

ゆま「確かに! お腹が空くとイライラしてきますもんね」

風間「はい。満腹なら十分、幸せな気持ちになれます。で、俳優になったキッカケですよね。僕の場合、モデルをしていた頃に、浅野ゆう子さんと知り合って、推薦してもらったんですよ」

ゆま「おおっ、すごい」

風間「浅野さんは当時、すでにトレンディドラマで大人気の女優さんだったので、驚きましたよ。しかも僕は、演技なんてまったくやったことがなかった(笑)」

ゆま「どうされたんですか?」

風間「どうもこうも、最初はもうヒドいものでしたよ。ただ、不思議と“もうやめたい”と思うことはなかったです。自分なんて大した役者じゃないから仕方ないだろ、みたいに開き直っていたんで」

ゆま「そうやって開き直れる肝っ玉がスゴイ。私なんて、舞台があると、もうずっと緊張しっぱなしで、いろいろ悩んでばかりです」

風間「それが、ゆまさんの良いところなんじゃないですか。緊張したり、悩んだりすることは何も悪いことではないと思います」

ゆま「ありがとうございます。恐れ多いのですが、演技をするうえでの風間さん流のアドバイス的なものって教えてもらえませんか」

風間「僕はそんなに偉そうなことは言えないけど……ただ、共演者の方の“セリフをよく聞く”ことは大事だと思います。人の話をよく聞いていれば、どんな場面でも対応できるんです」

ゆま「なるほど。私はいつも自分のセリフのことばかり考えていました」

風間「役者さんは台本と違うことをしゃべるときもあるからね(笑)」

次ページ >> 映画館で観たのは『団地妻』もの!?/麻美ゆま&風間トオル対談

風間トオル「俳優になったきっかけは、浅野ゆう子さんなんです」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.