日刊大衆TOP 芸能

『めちゃイケ』放送継続も、視聴者の反応は冷ややか

『めちゃイケ』放送継続も、視聴者の反応は冷ややか

 9月5日、フジテレビが10月改編記者発表を行い、『めちゃ×2イケてるッ!』の継続を発表。視聴率の低迷からネット上では打ち切りもささやかれていた番組だけに、視聴者からは「本当に瀬戸際では」と心配の声が上がっている。

 土曜日夜8時に放送中の『めちゃ×2イケてるッ!』は、深夜番組『めちゃ2モテたいッ!』をリニューアルするかたちで1996年よりスタート。今年の10月で放送20周年を迎える。しかし、最近は視聴率の低迷が続いており、ネットでは打ち切りも噂されていた。そのため、今回の番組の継続発表には冷ややかな声もあり、「本当にこれが最後なんじゃないか」「なにか本気で仕掛けないといよいよ終わるぞ」「このままだと次の春あたりで終わりそう」といった厳しい指摘をするファンも目立つ。

『めちゃ×2イケてるッ!』が歴代最高視聴率の33.2%を叩き出したのは2004年のスペシャル番組。同日は「国立め茶の水女子大学付属高校中間試験」と称し、女性タレントに抜き打ちで学力テストを受けさせる企画が放送され、当時“おバカタレント”として大ブレイクしていた若槻千夏(32)に放送禁止用語を叫ばせるなどで、大きな話題となった。他にも、全盛期には山本圭壱(48)の「油谷さん」や加藤浩次(47)の「爆裂おとうさん」など、数々の名物企画で人気を博していたが、現在は企画もマンネリ化。今年2ケタ台の視聴率を記録したのは1月9日の放送回と、山本圭壱が出演した7月30日の放送回で、数字はともに11.9%。それ以外はずっと1ケタという惨状だ。

「視聴率は低迷続きですが、一時代を築いた番組だけに熱心なファンもいるんです。これまでも、人気絶頂だった『モーニング娘。』やAKB48とのコラボ企画を行ったように、番組以外のファンも取り込むような番組にすればまだ浮上する可能性はあると思うんですけど、肝心の岡村隆史(46)が冷めちゃってるようなんですよね。先日も自分のラジオで“AKBに興味ない”なんて発言してましたし。これまでさんざんお世話になった子たちに向かってそれはないんじゃないかとファンも大騒ぎでしたよ」(お笑いライター)

 番組の存続はやはり、番組の顔であるナインティナインにかかっているのか。

『めちゃイケ』放送継続も、視聴者の反応は冷ややか

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.