日刊大衆TOP 芸能

阿部寛、香取慎吾にマツコ・デラックス!? NHK大河ドラマ『西郷どん』主役レースは大混戦?

[週刊大衆2016年10月03日号]

阿部寛、香取慎吾にマツコ・デラックス!? NHK大河ドラマ『西郷どん』主役レースは大混戦?

 放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』が絶好調だ。「堺雅人、草刈正雄ら俳優陣の熱演もそうですが、三谷幸喜が書く脚本が面白いと絶賛の声が上がっています。9月11日の放送では、天下分け目の関ヶ原の戦いを、わずか50秒で終わらせてしまうなど、これまでにない斬新さが受けていますね」(テレビ誌記者)

 当然ながら視聴率も好調で、平均視聴率は17%超。さらに、「当日の18時から放送されるBS放送の視聴率も、BSでは異例の5%超えを記録している」(前同)というのだ。いかに、『真田丸』信者が多いかが分かるというものだろう。だが、そんな好調ぶりに水を差すニュースが9月9日に流れた。

 <再来年のNHK大河は林真理子原作の『西郷どん』。主演候補の堤真一は主演を辞退>。芸能プロ関係者は話す。「正直驚きでした。日本男優界でもトップ俳優と言える堤ですが、なんといっても天下の大河ドラマですから。なんでも、9月に入ってから断ったようですよ」

 明治維新の立役者・西郷隆盛を主人公にした『西郷どん』の収録は来秋頃からだとみられるが、「約1年あるとはいえ、大河は、キャスト固めを含め準備期間が相当かかります。『真田丸』主演の堺も、2年前の6月に出演が発表されていましたからね。9月に入って断られたとなると、NHKはかなり混乱しているのでは」(前同)

 その騒動をよそに、芸能関係者、大河ファンなどでは、さまざまな候補者名が飛び交い、「主役レース」が大盛り上がりで展開されているのだ。「多士済々な出走馬のうち、今、本命視されているのは阿部寛(52)ですね。横幅のある西郷隆盛とは少々、体型は異なりますが、顔の濃さは負けていません。映画やドラマの主演も数多くこなしており、資格は十分」(制作会社関係者)

 また、西郷さんの“見た目”を最重要視した予想も。「絶対にないですが、“武蔵丸親方(45)やマツコ・デラックス(43)がいい”といった意見も(笑)。でも、ないといえば、実は、SMAPの香取慎吾(39)も候補に挙がっていたそうです。彼には、04年に主演した『新選組!』以来、大河関係者と太いパイプがありますからね。でも、SMAP解散の余波で話はなくなったそうです」(前同)

 大混戦の主役レース。競馬予想に定評のある本誌は、ここは自信の本命を打ちたい。ズバリ◎鈴木亮平(33)! 若手ながら作品ごとに体重を50キロ幅で増減させる役者魂の持ち主で、彼なら西郷さんの体型に近づけるのも朝飯前なはず。さらに、今回辞退した堤とともに朝ドラ『花子とアン』にも出演しており、NHKのドラマ制作陣との関係も深い。これは堅い。鈴木亮平に単勝一点勝負だ!

阿部寛、香取慎吾にマツコ・デラックス!? NHK大河ドラマ『西郷どん』主役レースは大混戦?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.