日刊大衆TOP 社会

永井豪「僕が描きたかったキューティーハニーが、そのままそこにいる」〜『CUTIE HONEY-TEARS-』を語る!!

[週刊大衆2016年10月03日号]

永井豪「僕が描きたかったキューティーハニーが、そのままそこにいる」〜『CUTIE HONEY-TEARS-』を語る!!

 僕らの永遠の憧れ・キューティーハニーが実写版で帰ってくる! 主演は、マルチな才能で人気爆裂中の西内まりやだ。今回は、なんとキューティーハニーの原作者・永井豪先生がニューハニーの魅力を含めインタビューに答えてくれた!

『デビルマン』『マジンガーZ』『ハレンチ学園』『ゲッターロボ』『あばしり一家』……おっといけない。顔は隠しているが、なぜかそれ以外はすべてモロ出しの『けっこう仮面』を忘れているではないか!

 とにかく、ありとあらゆるジャンルの作品で、我々の心を熱くしてくれた永井豪先生。その先生の代表作中の代表作『キューティーハニー』が再び、実写版の映画として我らの前に帰って来る。

「映画ファンとしては、“映画”と聞いただけでもう、ワクワクしちゃうところがあって(笑)。企画にOKを出した段階で、僕の作品ではあるんだけど、僕のものじゃない。出来上がったものは、映画だろうがアニメだろうが、すべて監督、キャスト、スタッフの方のものなので、僕は単純に楽しんでいます」(永井豪)

 注文は一切つけない?

「あーしてほしい。こーしてほしいというのは、一度も言ったことがないですね。注文をつけて、僕の色に寄せることはできるかもしれないけど、それをすると本来、自由であるべきはずの作品づくりが窮屈になってしまうかもしれない。それって、嫌じゃないですか。だから毎回、お好きに料理してくださいという気持ちで、出来上がりを楽しみにしているんです」(前同)

 なるほど。今回、“これまでにない新しいハニー”が誕生したのは、こんな理由が隠されていたのだ。

「西内まりやさんがハニーを演じると聞いた時から、すごくいい作品になるかも!? という予感があって。スタイルもいいし、立ち姿がすごくきれいな方ですからね。ただ、想像以上って言ったら失礼ですけど、アクションもすごく決まっているし、外国映画のヒロインに負けないかっこよさがあって。映画ファンとしてはもちろん、原作者としても嬉しい限りです!」(同)

 満面の笑みとは、こういう笑顔のことを言うのだろう。何度も後ろに貼ってあるポスターを振り返る永井豪先生の顔は、トロトロに蕩けていた。しかも、今回の映画『CUTIE  HONEY-TEARS-』には、自らキャストのひとりとして出演もしているから、さらに嬉しさが増しているのかも!?

「いやぁ。僕が出たのは1シーンですから(苦笑)。でも、その1シーンを撮るために、上から、下から、斜めから、横から……何度も撮り直して。監督のそのこだわりが、みんなにも伝わって、こんなにいい映画になったんだと思います」

次ページ >> 西内まりやの『キューティーハニー』は最高!

永井豪「僕が描きたかったキューティーハニーが、そのままそこにいる」〜『CUTIE HONEY-TEARS-』を語る!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.