日刊大衆TOP 芸能

TBS吉田明世「アナ志望者は視聴率で会社選ぶ」人気局の条件を明かす

TBS吉田明世「アナ志望者は視聴率で会社選ぶ」人気局の条件を明かす

 TBSの吉田明世アナウンサー(28)が9月19日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)に出演し、アナウンサー志望者に人気のテレビ局の条件について語った。

 この日、パーソナリティーのカンニング竹山(45)が、同番組のパーソナリティーを務める赤江珠緒(41)の代打で出演した吉田アナにさまざまな質問を投げかける場面があった。吉田アナがTBSを選んだ理由を聞いた流れから、話題はアナウンサー志望者に人気の局についての質問に。竹山が「ぶっちゃけ言うと一番人気の会社ってどこなの?」と率直に質問すると、吉田アナは「時代時代で一番視聴率取ってる会社」と明かし、竹山が「はぁー! 視聴率!?」「今だと日本テレビさんとか?」と驚きの声を上げた。さらに吉田アナは「水トさんなんて人気のアナウンサーじゃないですか」「そういう方がいる局に入りたいと思う」と、視聴率と人気アナウンサーの存在がポイントだと説明した。

 また、吉田アナは「TBSが第一志望だった」と語ったが、当時はフジテレビを志望する人が多かったようで、「私のときは、アヤパンさんとか、カトパンさんだったので、フジテレビが人気でしたねやっぱり」と説明した。

「今の人気アナウンサーといえば、水卜麻美アナ(29)でしょうか。彼女はオリコン調べの『好きな女子アナランキング』で3年連続の首位を獲得してますし、絶大な人気を誇っていますから。今、水卜アナに憧れて日本テレビを目指すアナウンサーの卵は多いでしょう。2位には加藤綾子アナ(31)が入っていましたが、既にフジテレビを退社してます。吉田アナが語っているように、高島彩アナ(37)や中野美奈子アナ(36)がいた当時は視聴率も高かったので、“4000倍の狭き門”なんていわれていたフジの求人ですが、今は視聴率が低迷してますし、人気もグンと下がっていそうです」(女子アナウォッチャー)――しばらくはフジからスターは現れない?

TBS吉田明世「アナ志望者は視聴率で会社選ぶ」人気局の条件を明かす

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.