日刊大衆TOP 社会

藤岡弘、×佐藤正久×鈴木宗男「取り戻せ!日本人の底力」 vol.5

[週刊大衆3月25日号]

母親の死を乗り越えて刑事被告人のまま、見事に衆議院議員に復帰。まさしく"日本人の底力"を発揮した鈴木宗男氏だが、そこからさらなる苦難の道が始まる……。


その後、09年の民主党への政権交代選挙でも当選して、私は衆議院外務委員会委員長になりました。
だが、1年後の10年9月に最高裁が上告を棄却したんです。


上告棄却により、鈴木氏は実刑判決が確定。同時に議員資格を失うことになった。


このとき、ちょうど小沢一郎氏と菅直人氏が民主党代表選を争っていましたが、私は小沢さんを応援していました。
結果は、小沢さんは菅氏と10票差でしたね。国会議員を5人引っくり返せば逆転できた。そして、私にはそれができる自信がありました。だが、私の上告棄却が決まって、小沢さんの勢いは止まってしまった。
民主党代表イコール内閣総理大臣ですよ。なんで、このタイミングなのかと。検察や裁判所という司法は独立しているようで、何かしらのテーブルの下がある。


激動の半生を語り終え、最後に鈴木氏はこういった。


私は人にできないことをやったんだから、逆に、ここは前向きに捉えようと思っています。
昨年11月29日に、真実を明らかにしたいという思いで再審請求をしました。
闇の権力によって人生に失望、挫折した人が何十万人といます。そんな人々に勇気を与えたかった。
真実を明らかにすれば、その人たちも元気が出ると思うんです。「生きていれば、いいことがある。いや、逆転もある。鈴木宗男の後ろ姿を見よう」といわせたいのです。
私は、公民権復活の暁には、「さあ、悪しき権力に人生を狂わされた皆さん、この指に集まれ」と、立ち上がるつもりです。

※※幾度となく苦難を乗り越えてきた鈴木氏。日本復活のためには、倒れても立ち上がる気力こそが、まず大切だと教えられた。

3氏の言葉を胸に、いまこそ日本人の底力を見せてやろう!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.