日刊大衆TOP 芸能

HKT48指原莉乃の「恋愛トーク」に、世間は食傷気味!?

HKT48指原莉乃の「恋愛トーク」に、世間は食傷気味!?

 今年6月、『AKB48 45thシングル選抜総選挙』で史上初となる2連覇を成し遂げたHKT48の指原莉乃(23)。キー局のバラエティ番組にも数多く出演し、その“タレント力”は誰もが認めるところである。だが、そんな無双状態の指原に対して一部から「もういいよ」という声が上がっている。それは彼女自身が得意技としている“下半身トーク”のことである。

「(恋愛禁止なんて)それは無理でしょ!」 指原は週刊誌の盗撮におびえている理由として、恋愛を我慢するのが無理だからだと『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、こう持論を展開した。司会の東野幸治(49)に「恋愛しなければいいだろ」とツッコまれていたが、確かに恋愛をしなければ、おびえることもないはずである。

「元々恋愛体質の指原のことですから、特定の相手がいないわけがない。週刊誌がこぞって彼女を狙っているのは事実ですね」(芸能ライター)

 スキャンダルが怖いと言いながらも指原の下半身トークはどんどんエスカレートしている。「性描写の多い漫画を買っている」「キスは、ジラしたい」「ヒモ男でも構わない」「T型アンダーウェアを着けている」などのぶっちゃけトークを連発。『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では「毎晩でもしたい!」との過激発言も飛び出している。指原の一連の発言に対してファンはどういう気持ちなのだろうか。

「正直、食傷気味ですよね。彼女はスキャンダルで博多に異動させられたわけですが、次にまた恋愛が発覚しても自分は大丈夫だと踏んでいるんでしょう。それどころか、スキャンダルを利用して『卒業』というイベントを盛り上げようとさえ考えているでしょうね」(芸能誌記者)――今後も続きそうな指原と週刊誌との攻防戦。どんな結末になるか今から楽しみである。

HKT48指原莉乃の「恋愛トーク」に、世間は食傷気味!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.