日刊大衆TOP 芸能

乃木坂46・白石麻衣「キスシーンがガチすぎて」ファン意気消沈!?

乃木坂46・白石麻衣「キスシーンがガチすぎて」ファン意気消沈!?

 映画『闇金ウシジマくん Part3』が、9月22日より公開された。劇中ではヒロインを務めた乃木坂46の白石麻衣(24)のキスシーンもあるのだが、同作を観た人から「ガチのやつだった」と意気消沈する感想コメントが続々と届けられている。

 劇中で新人タレントの麻生りなを演じる白石。本郷奏多(25)が演じる、億単位のマネーゲームに翻弄される派遣社員の沢村真司を応援する役どころで、劇中には二人のキスシーンが登場する。

 予告編からそのシーンがちらりと映っていたが、真正面からではなく斜め後ろから撮られていたため、「角度の問題だろ……?」とファンの間で公開前から物議をかもしていた。しかし、公開から5日、実際に映画を観た人たちからの感想がSNSなどで上がり、「角度詐欺ではなく完全にしていた……」「がっつりキスシーン……ヴァァァァー!」「現実を受け止められません。助けて……」と、ショックを受ける人が続出している。

 最近では、永尾まりや(22)、松井玲奈(25)、前田敦子(25)など、AKBグループの卒業生たちが、女優としてキスシーンをこなし話題になってきた。今回の白石のキスも、映画の告知段階から伝えられていたため、ファンには周知だったようにも思われたが、ファンとしては実際にその目でキスを見るまでは認めることができなかったようだ。

「映画の中で白石と本郷は恋人として描かれてます。キスシーンだけではなく、ショックを受けてしまうようなシーンもあるので、劇場へ向かうファンは覚悟が必要かもしれないですね。乃木坂自体、水着になることもほとんどなく、グラビアなどでも露出は少なめでした。しかし、ここ最近では高山一実(22)が写真集で初の水着姿を披露していますし、西野七瀬(22)も2作目の写真集で水着姿を披露しています。メンバーもだんだんと年を重ねてきていますし、ちょっとセクシーで大人な彼女たちの姿が見られる機会も増えていきそうです」(アイドル誌ライター)

 映画公開前に行われた「まんたんウェブ」のインタビューで白石は、「(キスシーンは)お芝居の一つです。今後、女優さんのお仕事もまたやってみたいと思うので、今回の演技は私の成長につながったと思います」とコメントしている。同映画は全国で公開中、また『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は10月22日より全国で公開される。

乃木坂46・白石麻衣「キスシーンがガチすぎて」ファン意気消沈!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.