日刊大衆TOP 芸能

高須院長「手術室でピカチュウ捕まえた」ポケモンGO愛を語る

高須院長「手術室でピカチュウ捕まえた」ポケモンGO愛を語る

 9月25日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、高須クリニック院長の高須克弥氏(71)が出演。自身もやっているというポケモンGOについて語った。

 番組中盤、人気が落ち着いたように思えたポケモンGOだったが、東京のお台場に出現率の低いレアなポケモンが出現したという情報が出回り、道路を塞ぐほどの人が殺到して警察が出動し大騒ぎになった、というニュースが取り上げられた。

 このニュースに東野幸治(49)が「この中でポケモンGOやっている人?」と出演者に質問を投げかけると、高須氏が真っ先に手を挙げた。高須氏は「僕は(ポケモンGOが)配信された日にインストールして、翌日ヘリで(ポケモンを捕まえに行った)」といきなり驚愕のエピソードを明かした。

 しかし、ヘリで捕まえようとするとスピードが速すぎてポケモンが捕まえられず、結局、バイクで捕まえに行ったという。さらに高須氏はこの番組に出演した一番の目当ては、番組終わりにお台場でポケモンを捕まえにいくためだと語った。

 そんな高須氏にダウンタウンの松本人志(53)が「僕(ポケモン)分からないですけど、どれくらい捕まえたんですか?」と質問した。高須氏は「あのね実は(スマホを)3台持ってるの。電池が切れたら次のやつでやるのね」とスマホ3台でポケモンGOをやっていることを明かし、さらに高須氏は「だから今、来る直前に手術室でピカチュウ捕まえてきた」と得意げな顔で自慢。高須氏は手術と手術の合間に捕まえ、患者に見せると患者もポケモンGOを始めた、というエピソードを披露していた。

「高須氏のポケモンGO好きは有名で、ゲームの公開直後はツイッターでポケモンGOをプレイする姿を実況していました。また、ポケモンGOを批判した漫画家のやくみつる氏(57)に対し、“他人の価値観が理解できない人を気の毒に思います”とコメントしたことも話題を呼びました」(芸能誌記者)――くれぐれも、手術中にはプレイしないように!?

高須院長「手術室でピカチュウ捕まえた」ポケモンGO愛を語る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.