日刊大衆TOP 娯楽

【毎日王冠】王者ドゥラメンテと接戦を繰り広げたアンビシャスに期待「阿部幸太郎 オレの美味予想」

[週刊大衆2016年10月17日号]

 未発表の段階ですが、来年のJRA12月最終日は「有馬記念」ではなくなる、と言うことが聞こえて来ました。例年、その年の最後を飾る競馬の祭典「有馬記念」。それが来年は有馬記念から4日後の12月28日にも開催するとのこと。この日は木曜日。2歳限定のホープフルSをG1に昇格させ、メインに開催とか。

 とはいえ、何日か前には同じ2歳限定のG1朝日杯FS。従って1勝馬が多いG1になる可能性があります。それに地方競馬、競輪、競艇にとって、この時期はいわゆる“稼ぎ時”。それらを圧迫する可能性があります。一方で泣いても笑っても有馬記念で、その年を終わりたいという競馬ファン。その気持ちも大切なのです。

 さて今週から東京開催。天皇賞の前哨戦「毎日王冠」です。先行策から安田記念を押し切ったロゴタイプ。昨秋の天皇賞2着の切れ者ステファノス。復活したウインフルブルーム。そしてエプソムCを圧倒したルージュバック。さらに皐月賞、菊花賞2着のリアルスティールが参戦の予定です。

 注目はアンビシャス。前走の宝塚記念は休養明けで引っ掛かり気味。しかも馬場に脚を取られて不本意な結果。昨年の毎日王冠は大外を回るロス。それでラスト33秒0の破壊力を披露しました。王者ドゥラメンテと接戦した実力に期待します。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。<

【毎日王冠】王者ドゥラメンテと接戦を繰り広げたアンビシャスに期待「阿部幸太郎 オレの美味予想」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.