日刊大衆TOP 娯楽

「パチンコで勝てない人」が陥りやすい“危険な負けパターン”とは

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第33回 勝ち負けが変わる!? パチプロが明かす「ベストのヤメ時」とは

 どうしても打ちたい台があったので、朝早くから並んだら1番の整理券をゲット。とりあえずドアが開いて入店しましたが、後ろのお客さんが一斉に走り出して全員に追い抜かれちゃいました。本格的なポンコツパチプロを自覚し始めたアンドレです。

「もしあのとき、スパッとヤメていればプラスで帰れたのに……」 誰しも一度は思ったことがあるはずです。一度どころか何度もあるんちゃうかな? もちろんわしもあります。実際は思うだけでヤメませんけどのう。パチプロがパチンコで生計を立てているのは事実ですが、誤解されている部分も意外に多かったりします。

 パチプロは勝率100%とか、強烈なヒキを持ってるとか、ピーク出玉のヤメ時が読めるとか、そんな感じですかね。もちろんいずれもウソですが、特にヤメ時に関してはパチプロといえど予知能力なんて持っていません。パチプロにとってベストなヤメ時は、展開に惑わされず「時間の許す限り続行!」です。粘りこそが勝ちに欠かせないと思っていただいてかまいません。でも実は失敗することもよくあります(笑)。

 せっかく勝っていたのに、甘デジでも5000発ノマレなんてザラですし、ミドルやMAXの機種ならストレート10000発ノマレも日常茶飯事。ではなぜヤメないのか? それは粘ることで結果的に、勝ちを上乗せできる場合のほうが、負けることよりもずっと多いからです。三振を恐れずバットを全力で振る。その積み重ねでシーズン終了後に3割30本に届けば良い、それがプロの考え方なのです。

 ただし当たり前ですが、粘る以前に「良く回る台」を打つのが最低条件です。良く回る台が美味しくて栄養満点の食べ物だとしたら、回らない台は傷んだ食べ物。少しくらいなら支障はありませんが、食べれば食べるほど腹痛になるでしょう。パチプロも人間なのでたまには間違いもあります。うっかり腐った物を口に含んでしまうことはありますが、すぐに吐き出して捨てますから大事には至らないのです。

「良く回る台だってハマったり負けたりするじゃん!」といわれそうですが、そんなのは魚の小骨が引っ掛かったようなもの。栄養があることはちゃんとわかっているので、ハマリ程度では動じません。長い目で見れば、結果は必ずついてくる。パチプロには、アクシデントに動じない固い意志も欠かせないのです。

 では、本当に「ヤメ時なんて存在しない」が正しいのか。パチプロは全員閉店まで粘るのか。そんなこともありません。

次ページ >> 現役パチプロが語る「パチンコ究極のヤメ時」

「パチンコで勝てない人」が陥りやすい“危険な負けパターン”とは

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.