日刊大衆TOP 芸能

プ女子グラドル白川未奈、ドラゴンゲートで「プロレスの生き様」に感動

プ女子グラドル白川未奈、ドラゴンゲートで「プロレスの生き様」に感動

 あなたのハートにパワーボム! グラビアアイドルの白川未奈です。最近は、WWEのDIVAたちのインスタグラム写真に癒される日々を送っています。あんなプリプリなお尻になれるまで、後どのくらいかかるでしょうか……。皆様応援のほど、よろしくお願いします!

 WWEといえば、戸澤陽選手が11月3日の大阪大会をもってドラゴンゲートを卒業し、アメリカの団体へ移籍することが発表されましたね! 私がドラゴンゲートを見始めたのは今年に入ってからのことです。プロレスラーは、リング上では怖くて強くて無骨が一番! とこれまでは思っていたので、元気印でエネルギッシュで笑いまでとる戸澤選手を観たときは、こんなプロレスラーもいるんだとビックリさせられました。かたや同期には、暴れまくる鷹木信悟選手がいたりと、ドラゴンゲートの幅の広さ、そしてせっかちな私はストーリー展開の早さに魅了され、ドラゴンゲートの興行に通うようになったのです!

 ドラゴンゲートには、シングル、タッグ、3人タッグ、お笑い部門のベルトがあります。その中でも団体でもっとも権威があるベルトとされる「オープン・ザ・ドリーム・ゲート王座」のタイトルマッチは、観るたびにまったく違った感動があり、毎試合すごく引きつけられるんです。

 7月の神戸ワールド記念ホール大会では『王者 鷹木信悟vsチャレンジャー YAMATO』という、もとは同じユニット「VERSERK」だった二人の因縁対決が行われました。YAMATO選手がユニットを追放され、ベビーターンしてのベルト挑戦だったので、この日はYAMATO選手への声援が多かった。ですが、私は鷹木選手のパワフルで、闘争心むき出しなファイトにチャンピオンの威厳を感じて、鳥肌を立てながら応援。結果はYAMATO選手の勝利で、会場で涙しているプ女子の方も多かったです。私は最近どちらかというとヒールレスラーを応援してしまう傾向があり、この日は悔しくてたまらなく、神戸で帰りの新幹線までの時間に、やけ食いしたのを覚えています。見た目からして悪そうで怖そうな、まるで侍のような鷹木選手と、セクシーさと優しさが内からにじみ出てて、プ女子からの人気も高いYAMATO選手という正反対の選手の試合を観て、“何が正義で、何が悪か?”という疑問をひたすら自らに問いかけた試合でした。

次ページ >> 退団前ラストタイトルマッチ、戸澤選手の初戴冠はある?

プ女子グラドル白川未奈、ドラゴンゲートで「プロレスの生き様」に感動

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.