日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】北島オーナーへ贈る最高のプレゼント

[週刊大衆2016年10月31日号]

「北島オーナー、芸道55周年、そして80歳のお誕生日、おめでとうございます。北島オーナーに対して一番のプレゼントは競馬で勝つことだと思っております。私に関しましては、10月10日月曜日にキタサンブラック号で、京都競馬場のレースに出ますので、そこで誕生日プレゼントをさせていただきます」 北島三郎さんの芸道55周年をお祝いするパーティで、こうごあいさつさせていただいたのは、今月5日のことです。

「武豊、北島オーナーに勝利を約束」「ユタカ、勝利宣言!」

 予想はしていましたが、翌日のスポーツ紙にはこんな言葉が並んでいました。スポーツ選手に限らず、人には2種類のタイプがあります。思ったことを口にするタイプと、思いを腹の底にとどめておくタイプ。前者は口にすることで自分自身にいい意味でのプレッシャーをかけていく人で、後者は平常心……心のコントロールを大事にするタイプの人です。

――武豊騎手は、どっちのタイプですか?

 聞かれたら即答します。僕は間違いなく後者。どんなに自信があっても、「勝ちたいですね」「ここはチャンスだと思います」「なんとかしたいですね」という言い方はしても、「絶対に勝ちます!」という言葉は口にしません。というか、言えません。

なぜか? 競馬は何が起こるか分からないというのを、いやというほど経験してきているからです。勝負は下駄を履くまで分からない。使い古された言葉ですが、これが勝負の鉄則です。

次ページ >> 最後の一冠「菊花賞」勝利のチャンスはあり!/武豊

【武豊】北島オーナーへ贈る最高のプレゼント

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.