日刊大衆TOP 芸能

医学博士・裴英洙「ストレスを溜めないコツは“面倒なことから取り掛かる」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2016年10月31日号]

医学博士・裴英洙「ストレスを溜めないコツは“面倒なことから取り掛かる」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 今週の“あなたに会いたい”は、病理医でありながら、『一流の睡眠』『なぜ一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』(ともにダイヤモンド社)など多数の著作を書いていらっしゃる、裴英洙(はいえいしゅ)さんです。

 裴先生の本は、医師としての医学的な知識を元に、私たちにも分かりやすく“健康的”な生活の仕方教えてくれているんですね。つい不摂生な生活をしちゃう私もしっかりと勉強させてもらいました!

ゆま「初めて裴先生とお会いしたのは、今年の春でしたね。裴先生のやってらっしゃるNPOの活動に参加させていただきました」

裴「その節はありがとうございました」」

ゆま「こちらこそ、ありがとうございました。裴先生は、“日本はもっと病理医を増やすべき”という活動をされているんですよね」

裴「はい。病理医をご存じない方も多いと思うので簡単に説明させていただくと、要は“病気の診断をする医者”ですね。たとえば、胃にポリープが見つかった場合、そのポリープにがんが含まれているかどうかを診断するんですね」

ゆま「私のときもそうでしたけど(2012年に境界悪性腫瘍に罹患。13年に治療を終えた)、がんといってもいろいろあって、悪性か良性か、画像だけでは診断が難しい場合があるんですね。そういうとき、病理医さんが判断してくれるんんですよね」

裴「そうなんです。がんではない可能性もありますし、がんだとしても、どこまで取ればいいのかなどの判断をするのが病理医ですね」

ゆま「患者にすればすごく大事なことで、正確な診断をしてもらいたいのに、日本は病理医さんがまだまだ少ないんですよね」」

裴「はい。約30万人いる医師のうち、病理医は2~3000人程度。明らかに足りていないんです。それで、病理医の重要性をもっと世間に知ってもらうため特に若い人たちに知ってもらうためのアニメーションを作り、その声優をぜひ、実際に病気を克服されたゆまさんにお願いできないかと。快く引き受けていただき感謝しています」

ゆま「いえいえ、そんな。ところで裴先生は、そうした活動をする一方、本もたくさん書いておられます。私も『一流の睡眠』を読ませていただきましたが、とにかく分かりやすくて面白い。たとえば、本にありますが、お医者さんは、“一日、8時間の睡眠は必要”とおっしゃいますが、実際の生活でそんなに睡眠をとるのは難しいですもんね」

裴「そうなんです。お酒にしても同じです。肝臓を悪くすれば、医者は決まって“お酒をやめなさい”と言います。もちろん、それに越したことはないのですが、社会で働いていれば、つきあいもあるし、飲みたいときもあります。じゃあ、どうすればいいか。たとえば、2杯目からはワインにしたり、水と一緒に飲んだりすることで、肝臓へのダメージは軽減できるんですね」

次ページ >> 居酒屋で愚痴るのは健全なこと/麻美ゆま×裴英洙 対談

医学博士・裴英洙「ストレスを溜めないコツは“面倒なことから取り掛かる」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.