日刊大衆TOP 社会

戦慄予測アメリカが北朝鮮に先制攻撃!そのとき日本は!? vol.1

[週刊大衆3月11日号]

"ならず者国家"が、またまた牙を剥いた。
「北朝鮮が国際世論の猛反対を無視し、2月12日に3回目の核実験を強行しました。昨年暮れの長距離弾道ミサイル発射実験の成功と合わせ、宿敵・米国ののど元に匕首を突きつけた格好です」(防衛省関係者)

実は北朝鮮は、すでに米国に"宣戦布告"を行なっていた。
「1月24日に"我々が行なう高い水準の核実験も、わが人民の敵・アメリカを狙ったものになる"という声明を発表。北朝鮮の金正恩第1書記のあまりに露骨な敵意に、国際社会は驚愕しました」(全国紙記者)

そして、このたびの核実験で"有言実行"。

元航空自衛隊三等空佐で軍事ジャーナリストの潮匡人氏が解説する。
「すでに北朝鮮は、核融合を利用したブースト型核分裂爆弾を開発している可能性が大です。これで、悲願だった核弾頭の小型化と軽量化に成功し、ミサイル搭載が可能になりました」

ブースト型核分裂爆弾とは、簡単にいうと、わずかな核分裂反応で核融合反応を引き出し、少量の核物質で威力を発揮するもの。同じ破壊力の核弾頭でも、3分の1か4分の1の重量で済むため、長距離弾道ミサイルへの搭載が容易となる。
「昨年12月に北朝鮮が発射実験に成功したテポドン2の派生型と見られるミサイルは、重量500キロ程度の弾頭を約1万キロ以上飛ばすことが可能です。これはつまり、北朝鮮の核が米国西海岸の大都市・ロサンゼルスも射程に捉えているということ。米国にとって、北朝鮮は"いま、そこにある危機"なんです」(前出・防衛省関係者)

むろん、核攻撃の仮想標的とされた米国は、激しい怒りを隠さなかった。

核実験から18時間後、バラク・オバマ大統領は一般教書演説で、「このような挑発行為は北朝鮮をさらに孤立させるだけだ」と厳しい口調で非難した。

米連邦議会下院も今回の核実験を「米国や同盟国への重要な脅威」と位置づけて、「(今後の暴走を)阻止するために即時、行動を起こす」ことを決議した。

わが日本も黙ってはいない。安倍晋三首相は即日、「わが国の安全に対する重大な脅威であり、断じて容認できない」という首相声明を発表。朝鮮総連幹部の再入国禁止など、独自の制裁に踏み切った。

14日には日米首脳が電話会談。オバマ大統領は「断固たる対応を取らなければいけない」と宣言。「いざとなれば米国は、その実力を見せる」と明言した。

それにしても、なぜ北朝鮮は、これほどまでに米国を挑発し続けるのか?

国際問題評論家の井野誠一氏がいう。
「周辺に中露という軍事大国、そして、日韓という経済強国、さらには、極東米軍の存在があります。北朝鮮が独裁国家を守り続けるためには、虚勢と"虎の子"は絶対に必要な生存手段なんです」
つまり、米国への挑発と核弾頭搭載の長距離ミサイルこそ、金正恩独裁体制の生き残りを懸けた戦略そのものなのだという。

北朝鮮専門サイト・デイリーNK東京支局長の高英起氏も、こう解説する。
「特に経済的に成果が上げられず、金正恩体制でも国内は不満が溜まりに溜まっています。そこで、ミサイル発射や核実験を強行し、米国を中心とする国際社会の反発をあえて呼び、逆手に取る作戦でしょう」

敵の米国から一致団結して国を守ろうという論理。これまで北朝鮮は、3度の核実験を行なってきた。
最初は06年10月。当時のブッシュ大統領は「挑発的な行為」と非難した。
「その圧力を受け、北朝鮮は寧辺核施設の閉鎖に同意しましたが、見返りとして米国から燃料支援を得、テロ支援国家のリストから同国を削除させました。また、バンコデルタアジア銀行の関連口座の凍結でも米の譲歩を引き出した。核カードでの交渉は成功といっていい」(北朝鮮事情通)

この"恐喝"に味をしめた北朝鮮は09年5月、核廃絶を訴えたオバマ大統領のプラハ演説を愚弄するかのようなタイミングで、2度目の核実験を挙行。
「3度目が今回でした。それに先立つ昨年暮れのミサイル実験時には、非難する米国に対し、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は"ヤンキーの奴らよ、一度対戦してみたいなら対戦してみよう"と、挑発をエスカレートさせています」(同)

だが、仏の顔も三度まで、は世界の常識。「核実験を実施すれば重大な行動を取る」と警告した米国の堪忍袋も、はや限界に達した。
「重大な行動=攻撃と受け取っていい。03年には大量破壊兵器があるという理由でイラクを空爆し、フセイン政権を崩壊させています。先制攻撃も躊躇しません」(軍事ライター)

北朝鮮を「米国の安全に対する脅威」と断じたいま、あらゆる手段で金正恩体制潰しに乗り出すのは必至の情勢なのだ。

3月5日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.