日刊大衆TOP 芸能

織田裕二、IQ246の“ウザキャラ”で新境地?「クセになる」と大好評

織田裕二、IQ246の“ウザキャラ”で新境地?「クセになる」と大好評

 ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)第1話が、10月16日に放送された。同ドラマは、IQ=246という異能をもつ法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が、ちまたで起こった難事件を解いていく本格ミステリー。ディーン・フジオカ(36)の執事役、中谷美紀(40)の監察医役、土屋太鳳(21)の若手刑事役など、それぞれのキャラが見どころのドラマだが、視聴者が注目したのは主演の織田裕二(48)のクセのある演技だったようだ。

 9年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める織田。『踊る大捜査線』(フジテレビ系)での熱血なイメージがついている織田だが、今回の役どころは天才的な頭脳を持つ貴族の末裔で、しゃべり方からしてかなり独特。平安時代の貴族のような口調は、今までの織田からは想像もつかないスタイルだ。ホームズばりの推理力で初対面の相手の出身地やクセなどをネチネチと言い当て、「頭がいいなどという範疇では収まりきらん。そんなものはるかに凌駕してしまったわ」とかなり上から目線の発言も多く、聞く人によってはいらだちを覚えるかもしれないクセのあるキャラ。

 実際にSNSの反応を見ても、放送開始すぐに「なんだ、このしゃべり方……」「これはギャグなのか?」と違和感をあらわにする人の声が殺到。だが、ドラマが進むにつれ「クセになってきた」「これでずっといく気だとすれば、すごいことだぞ」「織田裕二、やっぱり役者としての華がある あのキャラもなんか好きになれる」と見事ハマってしまった人が続出したようだ。

「恋愛もの、医療もの、弁護士ものと、若手の頃はさまざまな役に挑戦してきた織田裕二ですが、『踊る』での青島役があまりにも完成されていたために、それ以降の役は負けてしまっていたように思います。そういった意味で、今回のドラマはかなり挑戦的な作品なんじゃないでしょうか。本人もかなり今作にハマっているようで、先日現場で行われた取材会では土屋太鳳ちゃんから、“現場ではずっと沙羅駆さんのまま”なんて、カメラが回ってないところでも役になりきっていることを暴露されてました。クセが強すぎるので視聴者の意見もかなり分かれるとは思いますが、これは織田裕二の分岐点的な作品になるのではと思います」(テレビ誌記者)

 石黒賢(50)をゲストに迎えた初回の視聴率は13.1%とまずまずのスタート。かつて石黒と織田が共演したドラマ『振り返れば奴がいる』(フジテレビ系)にちなんだ「振り返っても、奴はいない!」というセリフや、劇中に登場する新聞に「レインボーブリッジ 封鎖」と映画『踊る大捜査線2』を連想させる見出しが書かれていたりと、織田裕二ファンには気になる小ネタ演出がちりばめられていた。織田以外にも個性的すぎるキャラクターは多く、今後さらに視聴率が上がってくる可能性も高そうだ。

織田裕二、IQ246の“ウザキャラ”で新境地?「クセになる」と大好評

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.