日刊大衆TOP 芸能

「加藤綾子」「大江麻理子」「有働由美子」年代別カリスマ女子アナ「フェロモンの秘密」 vol.01

20代、30代、40代――世代は違えど、その年代にふさわしい魅力とお色気で、我々を楽しませてくれる女子アナたち。

それぞれの世代の代表といえば、フジテレビ・加藤綾子アナ(28)、テレビ東京・大江麻理子アナ(35)、NHK・有働由美子アナ(44)の3人となるのは衆目の一致するところだろう。

当然ながら、3人ともに仕事は絶好調だ。
「加藤アナは、毎日の『めざましテレビ』と、人気を決定づけた『ホンマでっか!?TV』が堅調で、さらに、この年末年始は特番に出ずっぱりで大忙しです。なんでも、40本もの番組に出るそうです。大江アナは現在、ニューヨーク支局特派員として赴任中ですが、4月に帰国し、看板番組『ワールドビジネスサテライト』のメインキャスター就任が決まっています」(テレビ誌記者)

有働アナは、『あさイチ』での歯切れのいい仕事ぶりが絶好調で、すっかりNHKの朝の顔となっている。
「12、13年と、2年連続でNHK紅白歌合戦の総合司会を務めていることからも、支持率の高さがわかります」(放送担当記者)

有働アナは、すでにNHKの"チーフアナウンサー"という立場でもある。
「NHK上層部のお気に入りで、アナウンサーの枠を超え、将来の幹部候補という声もあります」(前同)

カトパンの人脈も華麗のひと言。
「加藤アナは、明石家さんまや志村けん、とんねるずのお気に入り。いま一番の売れっ子である有吉弘行とも関係良好で将来は安泰。いま独立すれば、2億円は稼げるともいわれていますね」(芸能プロ関係者)

大江アナは、『モヤモヤさまぁ~ず2』で長く仕事をした、さまぁ~ずとの深い絆が大きな財産だが、「池上彰とのコンビも好評で、帰国後はエースアナとして、テレビ東京を引っ張っていくことを期待されています」(前同)

という3人が人気と信頼を勝ち得た秘密が、その濃厚なフェロモンにあることは言うまでもないだろう。
「加藤アナは、番組で"Eカップ美乳"の持ち主であることを認め、愛用ブラの銘柄まで公開しています。そのボディには、常に男性視聴者からアツい視線が注がれています」(お笑い芸人でテレビ美女妄想家・ユリオカ超特Q氏)

12月11日の『ホンマでっか!?TV』では、いつになく衣装の胸元の開きが大胆で、"カトパン、エロ過ぎ!"と視聴者の間で騒ぎになったという。
「しかも、バストの下に切り返しが入り、Eカップの膨らみを強調するデザインのワンピースでした。ゲストが気心の知れた先輩の軽部真一アナだったこともあって、リアクションも普段より大きく、大笑いするたびにバストをプルンと揺らしていました」(前同)

12月31日公開のvol.02に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.