日刊大衆TOP 芸能

恩人が語る! セクシー女王・壇蜜「ブレイク前夜の素顔」

[週刊大衆2016年11月07日号]

恩人が語る! セクシー女王・壇蜜「ブレイク前夜の素顔」

 2012年、彗星のごとく我々の前に登場するや、セクシーなグラビアと知性を感じさせる桃色トークで、瞬く間に大人気となった壇蜜(35)。先日、そんな秋田美人・壇蜜のある発言が話題になった。9月18日のTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』にゲスト出演した彼女が、本誌にゆかりの深い人物の名前を挙げ、意外な事実を初告白したのだ。「芸能人の方で、初めてDVDのイベントとかに来てくれたのは、ユリオカ超特Qさんなんですよ」

 これまで、福山雅治、みうらじゅん、リリー・フランキーらが彼女のただならぬ色香にいち早く注目し、絶賛したことがブレイクのキッカケになったと思われていたが、なんと本誌の芸能美女記事で「テレビ美女妄想家」としてコメントを寄せてくれる、お笑い芸人のユリオカ氏こそ、壇蜜の第1発見者だったというのだ。さらに同番組で壇蜜は、同氏のことを「(トークの)師匠なんです」と尊敬の念を露わにした。

 さっそくユリオカ氏に、壇蜜発見秘話とブレイク前夜の様子を聞いた。「知人のDVDメーカー広報の方に、“壇蜜っていう面白い子が出てきたんです”と教えてもらったのが、彼女の存在を知った最初ですよね。まず、“壇蜜”という名前のインパクトに、“なんだ?”となって、グラビアや映像を見てみたら、イメージがまさに名前の響きや字面とピッタリ。しかも、新人なのに30歳とかで、それまでのプロフィールもほとんどなくて、ミステリアス。興味を抱かずにはいられませんでしたよ」

 そんな折、DVDの発売イベントがあるというので会場に足を運び、ナマ壇蜜に初遭遇。その衝撃は今も忘れられないという。「サービス精神が凄くて、“お客さんに触ってしまわないように”と、壇蜜さんが注意されていたほど。あいさつイベント後にあいさつをさせてもらったときも、頼んでもいないのにDVDを胸の谷間に挟んだり、ポーズをとったりと、僕だけのために撮影会をやってくれて。気づいたときにはファンになっていましたね」

 当時のユリオカ氏は『ユリオカ超特Qのアイドルおしゃべり教習所』というトークイベントをスタートさせようとしていた。第1回目のゲストに誰を呼ぼうかと思案中だったが、「彼女しかいない」と出演を打診すると、それが実現。12年5月7日のことだった。

次ページ >> 壇蜜の“神イベント”に大熱狂!

恩人が語る! セクシー女王・壇蜜「ブレイク前夜の素顔」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.