日刊大衆TOP 芸能

川栄李奈「ビビリなんで、AKB48の頃は恋愛願望なかったです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年11月07日号]

キスしたくなる唇
http://www.lovecosmetic.net/
「今夜は帰りたくない!」男性から誘わせるための決め手とは

川栄李奈「ビビリなんで、AKB48の頃は恋愛願望なかったです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 国民的人気アイドルグループ「AKB48」を卒業して、早1年。今では演技派女優としてテレビや舞台、スクリーンに大忙しの川栄李奈さんの登場だ。10月29日から公開される映画『デスノート』の最新作の撮影秘話やプライベートを、たっぷり聞いちゃいました!

――AKB48を卒業されて1年が過ぎましたね。

川栄 この1年で、いろんな役を演じさせてもらって、また多くの監督さんとお仕事をさせていただき、すごくいい経験になりました。やりたいことができている感じがします。もともと女優になるのが夢でしたので。

――NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出演されていましたね。

川栄 朝ドラに出るということも目標の一つだったので、それが達成できて、ホントにありがたいです。

――この1年で成長を実感しているわけですか?

川栄 そういうのは、なかなかないですね~。毎回毎回、「下手だな~」って思いながら出演させてもらっているのが現状です。

――そんなことないですよ。このたび出演された、公開間近の映画『デスノート Light up the NEW world』での大量殺人者・青井さくら役は、なかなかのハマり役でしたよ。

川栄 本当ですか!? ありがとうございます。

――名前を書かれた人が死ぬという「デスノート」をめぐり、殺人者“キラ”こと夜神月と世界的名探偵“L”の壮絶な頭脳戦を描いた物語ですね。原作コミックが大ヒットして、10年前にも実写化された映画の続編ということですが……。

川栄 前作は子どものときに見ました。その頃からホラー系の映画が好きだったんですよね~。『デスノート』は厳密に言うと、ちょっと違いますが、ノートに名前を書かれたら死ぬというのが子ども心にとても斬新で、家族みんなが好きでした。

――でも、殺人者だなんて川栄さんイメージからは想像できませんよ。

川栄 そうですか!? でも、「ノート持てるんだ」みたいな、ちょっとした優越感はありましたね(笑)。

――さくらを演じるうえで、心がけたことは?

川栄 殺人者役を演じたことはなかったので(笑)、佐藤信介監督に相談したんです。そしたら、ホントに普通の女の子でいいですって言われました。普通の女の子が、たまたまデスノートを拾って、好奇心とかでノートに名前を書いて殺しちゃう感じって言われたので、あえて作り込むことはなかったですね。

次ページ >> AKB48は恋愛禁止だけどバレなきゃいい?/川栄李奈「美女トーク」

川栄李奈「ビビリなんで、AKB48の頃は恋愛願望なかったです(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性から誘わせるための決め手とは

大衆のオススメ


  • 「今夜は帰りたくない!」女子必見、男性…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.