日刊大衆TOP 芸能

前田敦子に堀北真希、放送事故レベルの人見知り伝説がすごい

前田敦子に堀北真希、放送事故レベルの人見知り伝説がすごい

 俳優といえば、大勢の前で演じる仕事だけに人並みならぬ度胸がなくてはならないはず。かと思いきや、調べてみるとありえないほど人見知りな女優たちが存在した! いったいどんな面々なのか、そのシャイぶりを示すエピソードとともに紹介してみよう。

 まず初めは、所属事務所からの独立をきっかけに、芸名を“のん”に改名した女優の能年玲奈(23)。彼女の人見知りは相当なもので、一昨年に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に出演した際には、司会進行のマツコ・デラックス(44)から「自分と能年さんは同じ動物なのに、どうしてこんなに見た目や性格が違うのだろうか?」と質問されたところ、30秒近くも沈黙してしまったのだ。この他に出演したトーク番組でも話が中断してしまい、放送事故寸前の事態が続出。あまりの無口ぶりに、ネット上では今後の活動を心配する声が多く上がっていた。

 人見知りといえば、元AKB48で女優の前田敦子(25)も忘れてはならない。AKBで総選挙がなかった頃にプロデューサーの秋元康(58)からセンターに抜擢された彼女は、「目立ちたくないです」「なんで私がここで踊らなきゃいけないんですか?」と泣きながら、その位置に立つことを拒否したという。また世間では、「天狗になっている」「性格が悪い」といった声も聞かれるが、雑誌のインタビューに「自分の感情を表に出すことが苦手だから(中略)感情がない人と思われてしまいがち」だと語っており、人見知りであることがあらぬ誤解を招いていることに、本人もかなり悩んでいるようだ。

 あまり知られていないが、俳優の山本耕史(39)と結婚した女優の堀北真希(28)もかなりの人見知りだ。かつて合コンに参加した際には、うまく話ができずに浮いてしまったそうだが、そうした人づきあいが下手なところは今も変わっていないようだ。酒豪にもかかわらず、外出や大勢で集まることは避け、山本と二人だけで家飲みすることが多いという。ドラマで共演したことがあるSMAPの中居正広(44)も、「(堀北は撮影現場で)誰とも話さずに一人でポツンといた」と証言しており、自他ともに認める人見知りであることは間違いないようだ。

 華麗なる演技とは裏腹に、意外な素顔を持つ女優たち。人見知りにもかかわらず、人前で大胆な演技を披露できるところが、やはりプロというものなのだろう。

前田敦子に堀北真希、放送事故レベルの人見知り伝説がすごい

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.