日刊大衆TOP 芸能

『校閲ガール』菅田将暉のキスシーンに、ファン大ショック「見たくなかった…」

『校閲ガール』菅田将暉のキスシーンに、ファン大ショック「見たくなかった…」

 石原さとみ(29)主演のドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の第4話が10月26日に放送された。そこで披露された菅田将暉(23)のキスシーンに、ファンがショックを受けている。

 同作は、校閲部に配属された主人公の河野悦子(石原)が、ファッション誌の編集者になることを夢見て奮闘するというお仕事ドラマ。第4話では、悦子と覆面作家の幸人(菅田)、本田翼(24)演じる森尾との三角関係が進展した。終盤には悦子を褒める幸人を見て、嫉妬した森尾が幸人にキスをするというシーンがあり、「菅田くんのキスシーンで心に傷を負った」「菅田くんのキスシーン見たくないからチャンネル変えてしまった」「見たくなかった、でもめっちゃ色っぽい……」といった声が続出。auのCM「三太郎」シリーズの“鬼ちゃん”役などで女性から強く支持される菅田だけに、キスシーンにショックを受けるファンが多く現れたようだ。

「菅田が初めてのキスシーンを披露したのは昨年の映画『ピースオブケイク』で、お相手は多部未華子(27)でした。また、今年4月にもドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)で、藤原さくら(20)とキスをして話題になってましたね。そのときは藤原が演じる佐野さくらに涙をぬぐわれて、つい気持ちを高ぶらせてしまった菅田が、強引に唇を奪うというキスシーンで、“セクシーすぎる”とハートをわしづかみにされた人が続出したようです。個人的には、今回のドラマは河野悦子とのキスシーンがあるものと思い込んでいたので、森尾とのキスはまさに不意打ちで衝撃的でした」(芸能誌ライター)

 菅田将暉のキスシーンは色っぽいと好評のようだ。今後、物語が進めば石原さとみとの関係も進展していくと思われるので、ファンは心の準備をしておくのが吉か。

『校閲ガール』菅田将暉のキスシーンに、ファン大ショック「見たくなかった…」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.