日刊大衆TOP 芸能

AKB48峯岸みなみ「いつか名前バラす!」後輩の“暴言”に激怒

AKB48峯岸みなみ「いつか名前バラす!」後輩の“暴言”に激怒

 10月25日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)にAKB48の峯岸みなみ(23)が出演し、グループ内の水面下での女の争いとライバルについて暴露する場面が見られた。

 番組では藤田ニコル(18)が経験した“モデル同士のライバル争い”についてVTRで紹介。自身でプライドが高いと自覚している藤田は苦しかったモデル時代を過ごし、テレビ出演をきっかけにモデル仲間たちを見返せたと思っていたが、自分を真似てモデル仲間たちが続々とテレビに出演していることで「ライバルたちが自分を利用してポジションを奪おうとしている?」と悩んでいることを明かした。

 次いで藤田はスタジオにいた共演者に「誰かに利用されたとか、そういうのってありますか?」と質問。この質問にナインティナインの岡村隆史(46)が「AKB48の中でもあるわけじゃないですか? “この子よりも上に目立ちたい”とか、そういうのあるわけでしょ?」と峯岸に話を振った。

 峯岸は「ちょっとリアルすぎて笑えないというか。近いので状況が」と告白。「やっぱり女の子なので、“気になる人ができて”とかっていうのをメンバーに話すと、そこからそのメンバーがスタッフさんに“最近、誰々さんと誰々さんが仲いいらしいですよ”とか言うのがあったりとかで。仲が良いと思ってしゃべっても、結局やっぱり、そういう部分ではつぶし合いなんだなというか。“業界だと良からぬかたちで広まっちゃうんだな”と思ったりする」と暴露し、スタジオから驚きの声が上がっていた。

 さらに峯岸は後輩から「もう峯岸さんの時代は終わってるんで」と言われた、と暴露。「悔しくて携帯のメモに書いて。いつかこいつが売れたら言ってやろうと思って。まだ言ってないですけど」と画策していることを明かした。

 そんな峯岸だが、現在ライバル視しているメンバーはHKT48の指原莉乃(23)だとし、「キャラとか方向性が似てるのと、同い年なんですよ。スキャンダルだし……。全部向いてる先が一緒で、しかも仲が良くって。で、私からしたら4期くらい後輩なんですよ。どんどんテレビに出て行く姿は、すごく羨ましかったし、怖かったですね」と友人でもありライバルでもある指原に対する複雑な思いを告白していた。

「AKB48の一期生の中で、現在まで残っているのは峯岸みなみと小嶋陽菜(28)だけです。小嶋はすでに卒業することを発表していますから、峯岸も卒業を見据えてかなり焦っているのでしょう。AKBの中ではトークはうまいほうですが、指原莉乃に大きく差をつけられている現在、バラエティ番組を主軸としたタレントで活動するのも難しい。悩みどころでしょうね」(アイドル誌ライター)――芸能界はすでに、“元AKB”が飽和状態。ぶっちゃけキャラで新天地を目指す!?

AKB48峯岸みなみ「いつか名前バラす!」後輩の“暴言”に激怒

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.