日刊大衆TOP 芸能

ライス「ベッキーが今一番憎い」出演時間をめぐり恨み節

ライス「ベッキーが今一番憎い」出演時間をめぐり恨み節

 10月27日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、『キングオブコント2016』で優勝した、ライスの関町知弘(33)と田所仁(34)が出演。タレントのベッキー(32)のためにテレビ出演の時間が減らされたことを、ダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)らに抗議する場面が見られた。

 この日のテーマは“私はあのときあれで変わった”というもので、ライスはダウンタウンが今年のキングオブコントで見せたアドリブを紹介した。ライスは司会席から退出したとき、小道具のピストルを忘れてきてしまったのだが、それに気づいた浜田が「あいつら忘れていきやがった」と言った直後に松本が「勘弁してくれ~い!」「撃たないでくれ~い!」と、ライスの持ちネタを使ってボケたのだ。

 このアドリブで会場は爆笑し、それをきっかけに関町は「僕らに風が吹きかけた」と言い、田所も「僕らのネタの一部でお客さんが笑ってくれたんで、ちょっと後押しされたみたいな」と発言。ダウンタウンのアドリブに対し、感謝をしていた。

 そしてその優勝直後、ライスは松本が出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。ネタを披露する予定だったのだが、奇しくもベッキーの出演と同じ日になってしまった。その日は松本を始め、出演者たちとベッキーのトークが盛り上がってしまい、ベッキーの出演時間が大幅に延長。結果、ライスの出演は「わずか1分」に削られてしまったのだ。

 これについて関町は「ネタもやれず受け答えもできず……」と悔しそうに語り、「今、一番憎いのはベッキーさんなんですよ」と、ベッキーに恨みをぶつけると、松本はやはりライスのネタを使って「ベッキーは許したってくれ~い!」と返し、出演者たちを笑わせていた。

「キングオブコントのようなコンテストで優勝すると、ご祝儀のように一通りのバラエティ番組に出演させてもらえるのですが、そこで面白いか面白くないかのふるいにかけられるんですよ。それだけに優勝翌日の出演が削られるというのは、さすがにライスの二人もがっかりしたでしょうね。キングオブコントの優勝者は、昨年のコロコロチキチキペッパーズこそブレイクしましたが、その前のシソンヌ、かもめんたるとも低迷しています。ライスも出足でつまづいて、同じようにならなければいいのですが……」(お笑いライター)――勝負は、まだこれから!

ライス「ベッキーが今一番憎い」出演時間をめぐり恨み節

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.