日刊大衆TOP 芸能

長谷川豊アナも降板?「失言」で大損害を受けた有名人

長谷川豊アナも降板?「失言」で大損害を受けた有名人

 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41)がブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ!」と発言し、すべての番組を降板することとなった事件は記憶に新しい。そこで今回はテレビやラジオ、記者会見での“失言”が原因で大騒ぎになってしまった例を取り上げてみたいと思う。

 1997年8月、タレントの乱一世(66)が、レギュラー出演していた番組『トゥナイト2』(テレビ朝日系)でCM前に「トイレはCMの間に」と発言し、スポンサーが激怒。担当プロデューサーは謹慎、担当役員4人は減俸、乱一世は降板となった。それでも乱は3年後に同番組に復帰するのだが「言ってはならないことを言って干された人」の代表として広く認知されている。

 女優の浅茅陽子(65)は、80年代後半から90年代前半にかけて『エバラ焼肉のタレ』のCMでレギュラー出演。好評を受けて、1991年には『エバラ家の人々』というスピンオフ映画が公開された。しかし、テレビのインタビューで「私はベジタリアン」と告白。スポンサーが激怒し、CM降板はもちろん、映画は封印作品となった。

 爆笑問題の太田光(51)は2007年10月27日放送の『たけしの日本教育白書』(フジテレビ系)にて、キャスターの小倉智昭(69)の“アレ”について触れてしまった。相方の田中が小倉に「小倉さんも増えてるでしょ? 今、番組。どんどんどんどん」と質問すると、太田が「髪の毛が?」とツッコんだのだ。小倉は笑顔で「髪の毛は便利なほうがいい」と切り返したが、その後両者の共演はない。

 2008年1月、歌手の倖田來未(34)はラジオ番組『倖田來未のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言。世間から大バッシングを浴び謝罪。プロモーション活動やCMを自粛する騒ぎとなった。

 また、俳優の向井理(34)が、お笑い芸人のニッチェに酒の席で「ブスは帰れ!」と罵倒したという話もある。言われた二人はギャグにして返していたが、向井は何度も“ブス”を連呼していたという。これはCMの打ち上げ現場での出来事らしいが、スポーツ紙に取り上げられ向井の人気が低迷する一因となったようだ。

 その他に“失言”といえば、古くは田原俊彦(55)の「俺はビッグ」発言や、松本明子(50)の「××××」発言、石田純一(62)の「不倫は文化」発言、沢尻エリカ(30)の「別に…」発言などが有名だ。

 だが、中でもあびる優(30)の失言を超えた“犯罪告白”は衝撃だった。2005年2月16日放送の『カミングダウト』(日本テレビ系)にて、過去半年間にわたり“集団窃盗していた”ことを告白。番組の中であびるは「倉庫からダンボールごと商品を盗み、見つかった際は業者のふりをしてやり過ごしていた」と笑顔で語った。それを受けて視聴者からは猛抗議が殺到。番組は翌週に謝罪し、あびるの所属事務所は無期限の活動休止を発表した。あびるが逮捕されなかったのは「自白だけでは証明は無理」「被害届が出ていない」などの理由からだそうだ。その後、あびるはなんとか復帰している。

 おごりや慢心によって生まれてしまう失言だが、芸能人だけではなく我々一般人にも、取り返しのつかないことになる危険性は十分にある。くれぐれも注意しておきたいものだ。

長谷川豊アナも降板?「失言」で大損害を受けた有名人

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.