日刊大衆TOP 芸能

二階堂ふみ「現役慶大生の実力派女優」その小悪魔的な魅力

[週刊大衆2016年11月14日号]

二階堂ふみ「現役慶大生の実力派女優」その小悪魔的な魅力

 雑誌のグラビアで衝撃的なバニー姿を披露。女優として映画以外の分野でも活躍中の彼女が持つ魅力とは?

「『何者』や『SCOOP!』を含め、今年だけで5本もの映画に出演しており、若手No.1の演技派女優として映画関係者からも絶大な支持を集めていますね」 このように映画関係者が大絶賛するのは、女優・二階堂ふみ(22)のことだ。

『何者』では有村架純らと共演し、就職活動中の女子大生を、『SCOOP!』では写真週刊誌の新人記者を演じている。同作での彼女の演技について、映画ライターは次のように話す。「主演の福山雅治演じるパパラッチカメラマンとタッグを組むんですが、記者としての成長とともに、女性としてもグンと魅力を増していく変化の過程を細かな表情や眼差しで見事に表現。評価はうなぎ上りですよ」

 彼女は映画やドラマだけでなく、サービス過剰なまでに、いろいろな“顔”を我々に見せてくれる。まずは、先日、創刊50周年を迎えた『週刊プレイボーイ』の10月24日号でバニーガール姿を披露した。

 さらに、世界一周チケットで世界中を旅した21日間に密着したプライベートグラビアも披露してくれた。「海での黒い水着ショットでは、太陽光の下でより生々しさを増す美肌にドキリとさせられます」(出版関係者)

 こうした彼女のセクシーさは、もちろん本業の演技、数々の映画出演を通じて開花したものである。「映画女優としての顔が作られたのは、2012年公開の園子温監督作品『ヒミズ』でしょう。本作で、二階堂は第68回ヴェネツィア国際映画祭で、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞したのをはじめ、国内外の映画賞を総なめ。その存在が一気に注目されるようになりました」(前出の映画ライター)

 その後、彼女が挑んできたのは年上男性を翻弄する、どこか小悪魔的なシーンの数々だった。「自分の若さやあどけなさが、いかに周囲の男たちにとって眩しいかということに無自覚で、年上男性の人生を狂わせてしまう、小悪魔的なシーンを最も得意とするのが彼女です」(前同)

次ページ >> 今年からバラエティにも挑戦

二階堂ふみ「現役慶大生の実力派女優」その小悪魔的な魅力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.