日刊大衆TOP 芸能

梅宮アンナ「神田うのと13年間共演NG」だった理由を釈明

梅宮アンナ「神田うのと13年間共演NG」だった理由を釈明

 11月7日放送の『7時に会いましょう』(TBS系)に、タレントの梅宮アンナ(44)が出演。タレントの神田うの(41)を、13年間も共演NGにしていた理由を明かし、くりぃむしちゅーの有田哲平(45)らを驚かせる場面が見られた。

 この日、梅宮は“まだまだあったイザコザ解決SP”というコーナーに出演。梅宮が神田から距離を取るようになった、『新春かくし芸大会』(フジテレビ系)で共演したときのエピソードがVTRで紹介された。

 このとき二人は殺陣に挑戦したのだが、順調に殺陣をマスターしていく神田に対し、梅宮はNGを連発してしまい撮影に18時間もかかってしまった。さらにその殺陣が本番で満点とはほど遠い43点に終わり、それに怒った神田がスタッフを呼びつけて激怒。それを見た梅宮は自分に対して怒っていると思って、神田を恐れて長らく共演NGにしてきたというのだ。

 このVTRを見た段階から「なんか泣いちゃった、私」と、涙ぐんでいた梅宮。その後、スタジオに神田が呼び込まれ、神田が「全然、怒ってないよー! なんで泣いちゃうの?」と話しかけるのだが、梅宮は「もうだって、すごい怖かったんだもん」と涙が止まらない状態だった。

 そして有田から“当時のことを覚えているか”と聞かれた神田は「実は忘れていて……」と話し、この番組のオファーが来たときに“当時、怒っていたことを母親から指摘されて思い出した”と打ち明けた。神田はさらに「スタッフがなんでこんな、18時間もかかった大変な苦労話を、事前に(審査員に)言っといてくれなかったの、みたいな感じで怒ってた」と、当時はスタッフの手回しの悪さに怒ったと説明し、梅宮に怒っていたわけではないと釈明していた。

 その後、神田は梅宮に「(気持ちを)言ってくれればいいのに」と話しかけ、気にしていたことを打ち明けてほしかったと言ったが、梅宮は「言ったら、もっと跳ね返ってくるのかなとか思っちゃって」と、神田が怖くて言い出せなかったと回答。神田はこれに「なんで~! そんな怖いー? アンナちゃんに怒ってないし、怒ってたら本人に言うもん」と弁明するものの、梅宮から「えー、言わなくていい」と切り返されて笑い出すなど、ようやく二人の関係も元に戻ったようだった。

「梅宮はつい先日もバラエティ番組で、モデル時代に受けた嫌がらせを暴露し、話題になっていましたね。旬を過ぎたタレントが暴露ネタで売り込むのは定番なのですが、親友として知られていた神田との確執を持ち出すとは、ずいぶん思い切りましたね」(芸能誌記者)――これにて一件落着!?

梅宮アンナ「神田うのと13年間共演NG」だった理由を釈明

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.