日刊大衆TOP 芸能

映画監督・西村喜廣「特殊メイクは、映画で研究したり本を読んだり、独学でやってきました」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2016年11月21日号]

映画監督・西村喜廣「特殊メイクは、映画で研究したり本を読んだり、独学でやってきました」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 真っ二つに斬られた胴体から噴き上げる、血しぶき……残虐なシーンに悲鳴をあげつつも、なぜかドキドキしてしまう麻美ゆまです。

 そんな大のスプラッター映画好きの私が今回会いに行ったのは、日本のスプラッター映画の第一人者であり、『シン・ゴジラ』『進撃の巨人』などの話題の大作でも特殊メイクを手掛けていらっしゃる、映画監督の西村喜廣さんです。しかも、西村さんのアトリエでお話を聞かせてもらえるとのこと。ヤバいっ、ドキドキです。

ゆま「今日はお忙しいなか、お時間を作ってもらって本当にありがとうございます。(アトリエを見回しなが)うわぁ、すごいっ! スプラッターやら拷問やら……私の好きそうなタイトルの本がいっぱいありますね。おや? あそこに飾ってある大きな絵は、西村さんの自画像ですね。頭にフォークが突き刺さっていますよ。さすがです!」」

西村「アハハ。ここに置いてある本はほんの一部ですよ。ちなみにあの絵は知人が描いてくれたものです」

ゆま「へえ~、ここにいるだけで一日中、楽しめそう」」

西村「本当に好きなんですね(笑)」

ゆま「はい! もう大好き、大好物です。私の中では、スプラッターは“芸術”なんです。もちろん怖いし、気持ち悪いんだけど、飛び散る血のりや、ぐちゃぐちゃになった臓器だって、人が作りあげているもの。そう考えると、すごいなあ、とウットリするんです」

西村「そう言っていただけるとうれしいですね。僕がこの世界に目覚めたキッカケも、最初はそんな興味でした。あれはどんなふうに作っているのだろう、と」

ゆま「へえ~。目覚めるキッカケになった作品とかははあるんですか?」

西村「やはり、小学生で観た『スター・ウォーズ』ですね。僕が小学生のとき、初めて日本でスター・ウォーズが公開されたんです」

ゆま「第1作目ですか?」

西村「はい。エピソード4ですね。当時はCGもなかったのですが、あの特殊メイクは子ども心にも衝撃的でしたね」

ゆま「映画の内容よりも、特殊メイクに目を奪われていたんですか?」

西村「はい。今思えばあの頃から変わった子でしたね。スプラッター映画を観ても怖いとは思わず、“どうやって作っているんだろう”ばかり考えていましたね」

ゆま「実際、特殊メイクを始められたのは、いつ頃からですか?」

西村「小学生の頃から自分でいろいろと作っていました。高校の頃には、友達の顔に粘土を被せて“型取り”をさせてもらったこともあります。ただ、専門的な知識もまったくないので、友達の顔から石膏が取れなくなって大騒ぎしたことも(笑)。とにかく、ずっと独学でやってきました」

ゆま「え? 専門の学校には通ってないんですか?」

西村「はい。スプラッター映画を観て研究したり、本を読んだり、特殊メイク学校に通っていたアシスタントに聞いたりしながら、覚えていった感じですね」

ゆま「すごいです」

次ページ >> 欧米はスプラッター映画で大爆笑

映画監督・西村喜廣「特殊メイクは、映画で研究したり本を読んだり、独学でやってきました」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.