日刊大衆TOP 芸能

音楽界の2大アニキ! YAZAWAファンVS長渕剛ファン「どっちが本物の漢か!?」大激論

[ヴィーナス2016年11月04日号]

音楽界の2大アニキ! YAZAWAファンVS長渕剛ファン「どっちが本物の漢か!?」大激論

 矢沢永吉。ロックバンド「キャロル」のリーダー、そしてソロ歌手として同時代の満たされぬ男たちの心を熱く切なく歌い上げ、日本の音楽界に“E.YAZAWA”の文字を刻んだ男。

 長渕剛。ギター一本を抱えて痩せた狼のように音楽シーンに現れて以来、常にギラギラと何かに飢えた目をしながら己を革新し続け、その過剰とも言える情熱でファンを鼓舞し続ける男。

 来歴もスタイルも違うものの、ともに熱狂的なファンを持ち、それぞれに「男の中の男」と呼ばれる両者。彼らの何が、そこまでファンを惹きつけるのか? その答えを求めて、本誌では2人の長年のファンを招いて、その魅力を存分に語り合ってもらった。

 漢の対談、いざ開幕!

YAZAWAファン(以下、Y) こんばんは、阿部良太(仮名)と申します。

長渕ファン(以下、N) 下別府勇次(仮名)です。剛との出会いは、9歳の頃。当時、彼が出ていたドラマ『親子ゲーム』(86年)を見て、その主題歌(「SUPER STAR」)があまりに素晴らしく、一発でファンになりました。

Y どういうところを好きになったんですか?

N 僕は長野の田舎育ちで、東京に対する憧れやコンプレックスが強かったんです。剛も、鹿児島から最初は博多に出て悪戦苦闘し、さらに上京して這い上がっていく……という人生を歩んできた。「とんぼ」でも歌ったような、彼の東京とか都会に対する反骨精神に惹かれたんですね。

Y 僕のファン歴は、まだ20年くらいなんです。それまでにも曲は聴いていたんですが、永ちゃんの50歳記念ライブ(99年、「TONIGHT THE NIGHT! ありがとうが爆発する夜」)を初めて見に行ったら、もうスゴすぎて。「なぜ今まで、これを見なかだったんだ!」と思って、その場でファンクラブに入会しました(笑)。

N 何にそこまで、衝撃を受けたんですか?

Y 圧倒的な存在感ですね。長渕さんと違って、永ちゃんはほとんど自分で歌詞を書かないし、その主張に共感するという感じではないんですが、ただただ存在としてのかっこよさやスター性に、強烈にやられて。

N 僕も永ちゃんのライブ映像は見たことがありますが、体をビシッと鍛えてて、トレードマークの白スーツが本当に似合うんですよね。とても70歳近い人とは思えない。

Y ライブに来るファンにも、白の上下でビシッと決めて来る人が多いですよ。

N ただ服を真似してるだけじゃなく、食生活とか運動も様々に節制して「永ちゃんに近づきたい」という気持ちなんでしょうね。

次ページ >> ファンもライブについていくために体調を整え、筋トレをしたり…

音楽界の2大アニキ! YAZAWAファンVS長渕剛ファン「どっちが本物の漢か!?」大激論

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.