日刊大衆TOP 芸能

NON STYLE井上裕介他、健康番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人

NON STYLE井上裕介他、健康番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人

 テレビやラジオでは毎日のように、どこかで健康番組が放送されている。街で「健康情報をどこから入手していますか?」とアンケートしたら、「テレビ」「ラジオ」と答える人がほとんどだろう。特にテレビでは芸能人が健康診断を受け、その結果発表に一喜一憂するコーナーが人気だ。検査の結果、問題がなければ良いのだが、身体の異常が発覚して、重大な手術を受けることになった人もいる。

 お笑いタレントの関根勤(63)は2016年4月4日放送の情報番組『サタデープラス』(TBS系)で放送された“コサキン勇気の心臓ドック”というロケで、心電図検査や心臓MRI検査を受診した。すると、冠動脈狭窄が見つかり、再検査を受けたのだが、その際、医師から「今後、2、3年以内に心筋梗塞を発症する可能性が高い」と告知されてしまった。関根は5月2日に心臓の手術を受け、同月28日、同番組に再出演。告知されたときのことを「酒も飲まない、タバコも吸わない、運動もしている、ゴルフも行くし」「そんな自分が、まさか……ですよ」と振り返っていた。

 番組では心臓疾患の予兆について「点ではなく広範囲にわたる胸の痛み」「チクチクではなく押されるような圧迫感」「痛みが数分続くが、何ごともなかったように収まる」などと解説されたが、関根には該当する予兆はなかったそうだ。ただ、1年前に胸焼けと胃の痛みが続き、胃カメラ検査などを受けたことを明かすと、スタジオに出演していた医師から「(予兆だった)可能性はありますね」と指摘された。番組では関根が受けたステント手術の模様も放送。処置の最中にしゃべっている様子や、術後すぐ歩いてトイレに行き、その30分後には食事をとる姿を紹介。手術は全身麻酔ではなく、体への負担も少ないと説明されていた。

次ページ >> あの人気お笑い芸人もヤバかった!

NON STYLE井上裕介他、健康番組で“ヤバい病気”が発覚した芸能人

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.