日刊大衆TOP 芸能

カズレーザー「ホラ吹いてる」アンジャッシュ渡部建の食レポを真っ向批判!?

カズレーザー「ホラ吹いてる」アンジャッシュ渡部建の食レポを真っ向批判!?

 11月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、メイプル超合金のカズレーザー(32)が出演。食レポをめぐりアンジャッシュの渡部建(44)を批判し、お笑いタレントの東野幸治(49)らを驚かせる場面が見られた。

 この日のテーマは“長年根に持ってますSP”。この中でカズレーザーは“根に持っていないけれど面倒と思っていること”として、“グルメレポート”を挙げた。カズレーザーは「口に物入れながら大きな声出すって、一番良くないことだと思う」とコメントしたのだが、これに噛みついたのが渡部だった。カズレーザーに「仕事の8割、それやってんだ。なんだ、今の言い方は!」とツッコんだのだが、カズレーザーはそれにひるむことなく「(食べて)一口目でそんなすごい言葉は出てこないじゃないですか。“おいしい”(という言葉)が出てくる前に違う言葉が出てきたら、ホラ吹いてんじゃないかって」と渡部を前にグルメレポートを批判し、東野らを爆笑させていた。

 その後、スタジオに1個2160円もするという高級柿が運び込まれ、渡部とカズレーザーが実際に食べてレポートをすることに。渡部は「おい、ホラ吹いてると思うんだろボケ」と、気が乗らない様子ながらも柿を食べて「果肉がジューシーなんだけどスゴいシャキシャキ感があって。甘みがスゴく持続する感じですね。甘みがスゴく“寄り添ってくる”というか、上品な甘みですね」とコメント。しかしこれを聞いた出演者たちもスタジオの観客も薄ら笑いを浮かべるばかりで、渡部は「なんだこれは! ホラ見ろ、お客さんもじゃねぇかよ。ニヤニヤしやがって!」と、ツッコミを入れていた。

 そして次にカズレーザーが柿を食べてコメントしたのだが、それは「おいしい。食べたことあるじゃないですか、柿。アレのおいしいやつです」というシンプルなもの。渡部はこれを聞いた瞬間に「ダメだよ、そんなの絶対ダメ」と否定したのだが、カズレーザーは「(甘みが)“寄り添って”は、こなかったです」と、渡部のレポートに疑問を投げかけた。これに渡部は「それは個人の感覚だから」と説明し、さらに「0点ですね。伝わらないですから。主観が入ってる。“僕が食べた柿のおいしいやつ”って。勝手なこの人の主観なんで」と、カズレーザーのどこがダメなのかを真剣に説明し始めたのだが、またしても出演者も観客も真剣に聞かず薄ら笑いを浮かべるばかり。東野から「バカにされてんのは、分かってんの?」と聞かれると、「さすがに分かります。全員ニヤニヤしてんだから」と、キレ気味に答えていた。

「“一口目でそんなすごい言葉は出てこない”とは、まさによく言った、という感じですね。実際、食レポをするときは、事前にどんなものかリサーチしてから臨みますから、感想コメントを用意しておくことも多いでしょう。ホラではないんですが、さすがの渡部もちゃんと反論できていませんでした」(芸能誌ライター)――この勝負、カズレーザーの勝ち!?

カズレーザー「ホラ吹いてる」アンジャッシュ渡部建の食レポを真っ向批判!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.