日刊大衆TOP 芸能

『逃げ恥』陰の主役!? 石田ゆり子「かわいすぎる47歳」美魔女を超える“奇跡の存在”

[週刊大衆2016年11月28日号]

『逃げ恥』陰の主役!? 石田ゆり子「かわいすぎる47歳」美魔女を超える“奇跡の存在”

 新垣結衣(28)が主演を務めるドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が絶好調だ。「10月11日に第1話が放送されると、平均視聴率10.2%を記録。同局の“火10枠”で、初の2桁発進となりました。その後も視聴率は右肩上がりで、9日放送の第5話は同枠最高となる平均視聴率13.3%を記録しました」(テレビ誌記者)

 同ドラマは、派遣切りに合い、家事代行として働く森山みくり(新垣)が、代行先の男性(星野源)と契約結婚。奇妙な新婚生活を描く社会派ラブコメディだ。「新垣の愛嬌のある演技はもちろんですが、エンディングの曲に合わせて彼女が踊る“恋ダンス”が、“かわいすぎる!”とネットで話題。その姿を目当てに、ドラマを視聴する人も多いようです」(前同)

 しかし、大ヒットの立役者とされる新垣以上に、男性視聴者の視線を釘づけにしているのが、新垣の伯母役で出演する“奇跡の47歳”石田ゆり子なのだ。「“ガッキー以上にかわいい”と、絶賛の声が相次いでいますよ。“恋ダンス”のシーンでは、石田ゆり子が、ピョンピョンと跳ねる振付があるんです」(芸能記者)

 若い世代を中心に流行のSNS『インスタグラム』を10月3日より開始した石田は、わずか1か月で28万人のフォロワーを獲得するなど、若者からも大人気。「SNS内では、自宅で飼っている猫と戯れる写真をアップしたり、自身のすっぴん写真も公開しているのですが、色っぽい肌艶に“アラフィフとは思えない”と興奮の声が多数寄せられています。彼女の美貌は、美魔女なんて言葉では収まりきりません。もはや“観音菩薩”、神仏レベルのかわいさですよ」(前同)

 これだけ美しい女性なら、当然男から引く手あまたのはずだが、ご存じのように、いまだに独身を貫いているのは芸能界の“七不思議”の一つだ。「過去には、俳優の石黒賢、太鼓奏者の内藤哲郎との熱愛や、『男闘呼組』の岡本健一との不倫愛疑惑が報じられていますが、いずれも結婚にまでは至りませんでした」(女性誌記者)

 美貌はもちろん、性格に問題があるわけでもなさそう……。それなのに、なぜ、結婚しないのか。「石田の父親はお堅い性格で、そのお眼鏡にかなう男がなかなかいない……と10年前は囁かれていましたが、そのせいで婚期を逸したようです」(前同)

 一方で、彼女は妹のひかりとともに、芸能事務所を立ち上げ、社長としてバリバリ仕事をこなすデキる女の一面も。「いざ、結婚となると、男性に対して物足りなく感じてしまうのかもしれませんね」(同)

 そんな彼女だけに、こんな推測までまことしやかに語られている。「石田が、超大物芸能人夫妻の夫と不倫しているという噂があるんです。交際はかなり長いようで、石田は、彼と結婚するために、独身を貫いているんだとか。ただ、男のほうが奥さんとなかなか別れられないので、いまだに進展しないようなんです」(前出の芸能記者)

 事実かどうかは不明だが、その謎の多い私生活が、色香がプンプンの秘訣なのかも……!?

『逃げ恥』陰の主役!? 石田ゆり子「かわいすぎる47歳」美魔女を超える“奇跡の存在”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.