日刊大衆TOP 芸能

ミヤネ、中居正広もかなわない? 古舘伊知郎、ライバル圧倒の「毒舌&話術」

[週刊大衆2016年11月28日号]

ミヤネ、中居正広もかなわない? 古舘伊知郎、ライバル圧倒の「毒舌&話術」

 報道の世界で活躍した男が満を持してのカムバック。何だかちょっと元気のないテレビ界を“劇薬”のような話術で盛り上げられるか!?

「いきなり大物に噛みつく気概は、やっぱりスゴイ。今後の“古舘節”が楽しみです」

 お――――っと! テレビ誌ライターがこう絶賛する彼とは“ブレーキの壊れたスピーカー”こと、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)だ~! 今年の春、12年間キャスターを務めた『報道ステーション』を降板。その後、しばらくテレビから遠ざかっていた古舘が、この秋、2本の新レギュラー番組を引っ提げて、再びお茶の間に戻ってきたのだ。「新番組は、どちらもフジテレビ。古舘にとって29歳でフリー転身後、初めて起用してくれた局なので、恩義もあるんでしょう」(スポーツ紙芸能班デスク)

 そんな古舘が、プロレスで鳴らした“過激実況”並みの毒舌トークを早くも展開しているという。まず、新番組の一つは『フルタチさん』(毎週日曜9時~21時)。番組のテーマは、世の中の“ひっかかる”話題を掘り下げること。要はコレ、『報ステ』では言えなかった本音をブチまけようという狙いです」(芸能ライター)

 11月6日の初回放送では、ほとんどのメディアが色もの扱いしていたドナルト・トランプ氏の“すごさ”を力説。「“トランプにとって大統領選は自分売りのCMじゃないかな”と独自の見解も述べていました。こういう意見を、自由にテレビで言いたかったんでしょう」(前同) 番組名からして、自分の名前を冠するほど力を入れているかと思いきや、冒頭で「『サザエさん』の次に『フルタチさん』だなんて、タイトルからして破れかぶれ」と、いきなりの自虐ギャグ。

 さらに、「ストレートに見たい人は日テレを見りゃいい!」と、掟破りの逆サソリのようなコメントを決めてくる始末だ。「確かに同日の同時間帯は、裏番組が強い。日本テレビでは19時からの『鉄腕DASH』が視聴率19%台、20時からの『世界の果てまでイッテQ!』が22%を記録しています。また、NHKの『真田丸』もあり、つけ入るスキがないんです」(前出のテレビ誌ライター)

 とはいえ、先の発言は敗北宣言などではない。「『フルタチさん』は最近では珍しい生放送。古舘の発言は“作り込んだバラエティ”を提供する日テレへの挑戦状です」(前同)

 初回視聴率は8.2%と数字こそ振るわなかったが、古舘の“燃える闘魂”が炸裂するのは、これからだ。新番組の2本目も、やはりトーク番組『トーキングフルーツ』(火曜深夜24時25分~)。

「ゲストにCMディレクターの佐々木宏、ミュージシャンの竹原ピストルといった各界の異端児を迎えて、業界の内情など、ぶっちゃけトークを披露。深夜枠だけに、古舘のアナーキーな一面がより濃く出ています。スポンサーの目を気にして小さくまとまりがちな昨今のトーク番組にはない、攻めの内容でした」(前同)

次ページ >> 指原莉乃も「かっこいい」さらに、秋元康氏の“演出”をバッサリ

ミヤネ、中居正広もかなわない? 古舘伊知郎、ライバル圧倒の「毒舌&話術」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.